昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「いろいろご迷惑を掛けて…」学生結婚、遅刻癖…柔道界の“問題児”高藤直寿が失敗から学んだこと

「決勝後、井上監督と顔を合わせた際の第一声は『いろいろご迷惑を掛けて、すみませんでした』だったそうです」(スポーツ紙記者)

 柔道男子60キロ級を制した高藤直寿(28)は決勝直後のインタビューでも、泣きながら井上康生男子代表監督(43)への感謝を述べた。2人に何があったのか。

とにかく負けず嫌いで、団体競技には向いてなかった

 栃木県下野市で育った高藤。父・憲裕氏が幼い頃の様子を回想する。

「1歳の時に“高い高い”をしたら、怖がって服の袖をつかんだんです。その時から動物的な感覚が鋭かったですね。小学校の運動会のリレーでは『他の子には任せられない』とバトンを渡さず2周走ったり、サッカーでもパスしないで自分で駆け抜けてゴールしたり。とにかく負けず嫌いで、団体競技には向いてなかった」

 柔道の才能も始めた当初から感じていたという。

「小さい頃から教えてもいないのに、他人の動きを見ただけで技を覚えてしまうんですよ。小学5年のときにはもう『五輪を目指すんだ』と言い始めた」(同前)

 小中高すべてで全国を制覇。東海大進学後の2013年には、初出場した世界選手権で優勝を飾る。

6歳長男、4歳長女の2児の父

大学3年で4歳上の元柔道選手と結婚

 当時の高藤は“天才”と謳われる一方、問題児でもあった。4歳年上の元柔道強化選手・牧志津香さんに猛アタックして交際にこぎつけるも、その後妊娠が判明。報告を聞いた井上監督は「自分で起こしたことだから、責任を持ってやれ」と一言。腹を括った高藤は大学3年の6月に結婚した。