昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

芥川賞最年少受賞から17年 小説家・綿矢りさが語る現在地

PR提供: Zoff

 高校在学中に、初めて書いた小説『インストール』で第38回 文藝賞受賞。19歳になった2年後には、2作目の「蹴りたい背中」で第130回芥川賞に輝き、それまでの芥川賞受賞の最年少記録を大幅に更新しました。本好きたちのみならず、広く世間を驚かせたこのニュースは、17年を経たいまでも色褪せていません。しかし、この衝撃的な出来事の後、綿矢りささんに寡作の時間が過ぎていきます。

「2作書いたあたりから、どういうものを書きたいかとかがわからなくなって、小説とは何だろうということ自体もよくわからなかった時期がちょっとありました。でも、やっぱり自分が書いていて楽しいものとか人が読んで楽しいものとか、そういうものを文章にしていったら小説になるって開き直ることができて。それからは書くことも楽しくなったし、書きたい話も浮かびやすくなったなと思います」。

 葛藤のトンネルを抜けてからは、第6回大江健三郎賞を受賞した『かわいそうだね?』や、第26回島清恋愛文学賞を受賞した『生のみ生のままで』を始めに順調な執筆活動がつづいています。ちなみに、この10月には『ひらいて』が映画化され公開予定です。映像で体験する綿矢りさの世界もぜひお楽しみください。

 これまで多くの女性たちの生き様を描いてきた綿矢さん。気になるのはその読者層なのですが。

「何となく感じているのは、女性が多いんだろうなあ、というより圧倒的なのかなあ。男性に“読んでます”といっていただけると驚きます」というのが、綿矢さんご自身の体感的な手応え。予想通りとはいえ、それはちょっともったいない気がします。何故なら男性にとって、女性は仕事仲間であり、遊び仲間であり、また苦楽を共にしながら人生を歩んでいくという存在。綿矢さんの本を通して、繊細でありつつ大胆で、単純にして複雑で、無垢と見えてちょっとホラーな女性たちの心の内を知っておくことはとても大切と思えるのです。そこで、読書の秋でもありますから綿矢さんの新刊をご紹介しておきます。小説『オーラの発表会』(集英社)がこの8月末に発刊。そして、コロナ禍が始まってからの思いを書き留めた日記をエッセイ集としてまとめた『あのころなにしてた?』(新潮社)が9月末に書店に並びます。

 東京に移り住んで1年半になる綿矢さん。ゾフとの出会いは生まれ育った地元の京都でした。

「それまで見てきた、京都にあるメガネ屋さんとはずいぶん違っていました。すごくカジュアルな感じのメガネショップができたなという印象が強かったですね。もちろんメガネもですけど、わたし、福袋好きなんですね、それでゾフさんの年始の福袋も買ってました」。

 以来、ずっとゾフのメガネを愛用されている綿矢さんが選んだのは、Zoff PEANUTS COLLECTIONです。長きにわたって愛されるPEANUTS のアイウェアコレクション。スヌーピーやチャーリー・ブラウンのモチーフをさりげなく表現し、世代を超えてかけやすく上品なデザインに仕上げました。

写真上(綿矢りささん着用商品):Zoff PEANUTS COLLECTION ZF212007_43F1 ¥13,300(税込・セットレンズ代込)
写真下:Zoff PEANUTS COLLECTION ZF211004_48A1 ¥13,300(税込・セットレンズ代込)
※2021年9月3日(金)発売予定(オンラインストアにて先行予約受付中)
© 2021 Peanuts
写真上(綿矢りささん着用商品):Zoff PEANUTS COLLECTION ZF212007_43F1 ¥13,300(税込・セットレンズ代込)
写真下:Zoff PEANUTS COLLECTION ZF211004_48A1 ¥13,300(税込・セットレンズ代込)
※2021年9月3日(金)発売予定(オンラインストアにて先行予約受付中)
© 2021 Peanuts

「きょうは自分がいつもは選ばないようなメガネをかけさせていただきました。おしゃれなデザインで、ああ、いいなあと思いました」。新しいメガネで気分を変えて、過ごしたい時間は?

「そうですねえ、いまは仕事の打ち合わせがリモートなので、次のミーティングはこのメガネにします。ずいぶんイメージが変わりますから、編集者の方、驚くかなあ。それと、京都には匂い袋というポプリの和風版みたいなものがあっていろいろな場所でその香りがしてたんです。東京に来てからネットで取り寄せて家に置いたら、何かとても落ち着きました。香りに包まれて、新しいメガネで静かに読書もいいですねえ」。

INFORMATION

Zoffは、フレームとセットレンズ(ブルーライトカットコート)込で¥5,500から(税込価格)。フレームの品質保証1年間。レンズの度数交換保証も6カ月間付き。国内外316店舗※で皆さまのお越しをお待ちしています(※2021年9月末時点)。店舗により在庫状況は異なります。
お問い合わせ:ゾフ カスタマーサポート 0120-013-883(平日11:00~18:00)
https://www.zoff.co.jp