昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

篠原涼子 韓流アイドルを泣かせた“束縛不倫”と手つなぎLINE

 7月24日、市村正親(72)との離婚を発表した篠原涼子(48)。24歳年長の夫に、子供2人の親権を渡すという異例な形だった。

篠原涼子 ©文藝春秋

 篠原が離婚前から親密な関係にあったのが、韓流アイドルSUPERNOVA(旧・超新星)のメンバー、グァンス(34)だ。「週刊文春」8月12・19日号は、篠原とグァンスがお揃いのアンクレットを着け、また現在、都内の同じ高級マンションに住んでいることなどを報じた。

 そして今回、篠原やグァンスの知人、友人などへの「週刊文春」の新たな取材により、2人の交際の詳細が明らかになった。篠原の知人が言う。

「篠原さんはとにかくメロメロで、『私がグァンちゃんの彼女。芯があってとってもいい子なんです』と漏らすこともありました」

足下に光るお揃いのアンクレット ©文藝春秋

 だが、「六本木のクラブで開かれるパーティで、モデルやアイドルと一緒に騒ぐ姿がたびたび目撃されていた」(芸能記者)というグァンス。そんな行状が篠原の耳にも届き、昨年の春頃から篠原の“束縛”が強くなっていった。

 グァンスが使っていたLINEアイコンは、固く結ばれた男女の手が空に掲げられているもの。グァンスの知人が語る。

「アイコンが“手つなぎ写真”になったのは、昨年の5月頃です。グァンスは『彼女との写真なんだ~』と自慢げに語っていました」

これが「手つなぎアイコン」

 ところがその後、突如、LINEアカウントが削除された。「理由を尋ねると『彼女が厳しくて……』と。グァンスの女性関係を疑った篠原さんがLINEのアカウントを削除させたそうなんです」(同前)

 ときには篠原と喧嘩になり、悔し涙を流すこともあったというグァンス。一方で「彼女が待ってるから」と足早に帰宅し、友人には篠原との「将来」についての思いも明かしている。

大阪で“路上タバコ”中のグァンス ©文藝春秋

 年齢、そして何より芸能人としての“格”に大きな違いがある篠原とグァンス。不倫に始まった彼らの愛は、どこへ向かうのか。

 篠原がグァンスに接する際の様子、同じマンションに住む2人の交際模様、そしてグァンスが友人に明かした篠原との将来。詳しくは8月17日(火)16時配信の「週刊文春 電子版」及び8月18日(水)発売の「週刊文春」が報じている。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版で記事を読む

この記事の写真(10枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー