昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

バッハ会長、美術館にお忍び90分 五輪中の新たな“銀ブラ”写真 担当者に話を聞くと…

 東京五輪の閉幕から一夜明けた8月9日、銀座に現れたIOCのトーマス・バッハ会長(67)。SPや大会関係者らを引き連れ、商業施設「GINZA SIX」の周辺を散策していた。

「組織委の橋本聖子会長も『エッ、聞いていない』と漏らしたそうです。大会を通じ、選手や関係者の行動は厳しく制限されました。観光目的で外出したとして参加資格を剥奪された例もあった。それだけに、バッハ氏の行動には『示しがつかない』と批判が集まったのです」(組織委関係者)

IOC・バッハ会長

 だが、この日だけではなかった。実は五輪期間中も、バッハ氏は“銀ブラ”に繰り出していたのだ。

 目撃者が証言する。

「開会式4日後の7月27日の夜7時半過ぎ、SPを引き連れ、銀座から500メートルほどの京橋にあるアーティゾン美術館から出てきたのです。近くにはパトカーや、五輪マークの車両が止まっていました」

 その時の様子を収めたのが、下の写真だ。

中央の男性がバッハ会長

 ただ同時間帯には、日本が金メダルを獲得した女子ソフトボールの決勝や柔道男子81キロ級決勝、競泳男子100メートル自由形予選などが行われていた。競技会場から離れ、バッハ氏はなぜ美術館に現れたのか。