昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「演技が追いついてない」“女優”白石麻衣と西野七瀬の“本当の評判”

 昨年10月に乃木坂46を卒業した白石麻衣(28)が、テレビ朝日の深夜ドラマ「漂着者」に新聞記者役で出演中だ。

「同作は乃木坂の生みの親、秋元康氏の企画・原作で、斎藤工主演の異色ミステリー。白石は乃木坂時代に連ドラ出演経験はあるが、卒業後は初。今後、女優としてやっていけるかの試金石になる」(放送記者)

 乃木坂時代は5曲でセンターを務めた白石。17年に出した写真集「パスポート」が50万部発行という驚異のヒットを飛ばした「ビジュアルクイーン」だ。

「卒業後は『これと決める段階ではない』と含みを持たせ、登録者135万人のYouTubeでゲーム実況をするなど、今ひとつ方向性が定まらないように見えた。さすがのルックスだけに存在感のあるたたずまいは持っているが、演技がまだまだそれに追いついていない。女優以前の『えらく綺麗な子が画面にいるな』という域にとどまっている」(テレビ誌記者)

乃木坂46時代の白石麻衣(左)と西野七瀬

 一方、今期有数の話題作といえば「ハコヅメ」(日テレ)。戸田恵梨香(33)、永野芽郁(21)をダブル主演に据えた、コメディ色の強い警官ものだが、捜査一係の刑事役で出演しているのが西野七瀬(27)だ。白石と乃木坂で一時代を築き、センターを務めた楽曲は7曲と、白石を上回る。

「白石よりも2年早く卒業した西野は『グータンヌーボ2』(関テレ)のMCを務めるなどタレント活動もするが、『お芝居をずっと続けていきたい』と、女優志向が強い」(同前)