昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

未婚の母はタブーとされるモロッコで、臨月のお腹を抱えてさまよう…「出産」を通じて描く“女性の連帯” 「モロッコ、彼女たちの朝」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

美容師のサミア(ニスリン・エラディ)は臨月のお腹を抱え、カサブランカの路地をさまよっていた。モロッコでは未婚の母はタブーであるため、サミアは仕事も住まいも失ってしまったのだ。小さなパン屋を営むアブラ(ルブナ・アザバル)は、路上に座り込む彼女を見るに見かねて家に招き入れる。未亡人のアブラは、幼い娘のワルダとの生活を守るために、心を閉ざして働き続けていた。伝統的なパン作りが得意でおしゃれが好きなサミアとの暮らしで、アブラの心が変化し始める。そしていよいよサミアの陣痛が始まり……。

〈解説〉

日本で初めて劇場公開される、モロッコ製作の長編劇映画。孤独な2人の女性の交流から、モロッコ社会の問題が浮かび上がるヒューマンドラマ。監督・脚本のマリヤム・トゥザニの長編デビュー作。101分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆メッセージ性の強い映画ながら、演出や撮影は抑制が利いている。女同士の助け合いが救いだが、いらだたしさも少々。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆謙虚で控え目な語り口だが、余分な葛藤がときおり混じる。パン生地をこねる手に別の手が重ねられる場面は作りすぎ。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆静かに見守る眼差しと、見張って裁く眼差しが、女社会に歴然と存在する。パン屋の人々の優しさが物語をより残酷に。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★★柔らかで静謐、同時に衝撃も大きい。米映画『17歳の瞳に映る世界』に通じる意思が厳しい慣習の中からそっと立ち上がる。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆パンを捏ねて焼く食文化、出産を通じて女性の連帯を描くモロカン・フェルメールな映像は、問わず語りな印象を残す。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© Ali n' Productions - Les Films du Nouveau Monde - Artémis Productions

『モロッコ、彼女たちの朝』(モロッコ、仏、ベルギー)
TOHOシネマズ シャンテほか全国公開中
https://longride.jp/morocco-asa/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー