昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「雨上がり決死隊」解散 “吉本のドン”が語った「宮迫に頑張ってという気持ちはない」

 2019年に起きた“闇営業”問題を受け、活動を休止していた宮迫博之(51)と蛍原徹(53)のお笑いコンビ「雨上がり決死隊」が8月17日、解散を発表。同日夜には「アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会」をYouTubeとABEMAで配信し、解散に至るまでの経緯を説明した。

「アメトーーク特別編」(ABEMA)より

 この解散を受けて、吉本興業の大﨑洋会長(68)が8月21日、「週刊文春」の電話取材に応じ、宮迫に対する現在の率直な心境について語った。

――雨上がり決死隊の解散についてどう思うか。

「いやあ、うーん、コンビの2人のことだから、2人が決めることだから僕があーだこーだいうのはちょっと違う。あの2人が決めて、それでいいんじゃないですかね」

――宮迫さんは吉本に戻りたいと言っていたが、大﨑さんは戻ってくるなと言っていた(「FRIDAY」2021年2月26日号)。許せない部分がありましたか?

「戻ってくるなというか、戻ってこんでいいんじゃないかとフライデーさんに言った。それはYouTuberで十分食べていけているわけだし、生活に困っているわけではないし。本人はいろんな状況の中でそれを選んだわけだから、それでいいん違うかと思う。たくさん稼いでいるみたいだから、もう吉本に戻らなくてもいいじゃん(笑)」

吉本興業 大崎会長 ©共同通信社

――(闇営業騒動時に)嘘をついたことに怒りが?

「まあでも、変な言い方だけれど、人って嘘つくもんだし、芸人さんっていろんな人がいてるからね。そんな人もこんな人もあんな人もみんな芸人さんって僕は思っているから、嘘をついたから許せないというわけでもない。ロンブーの(田村)亮くんにしても、嘘つくときは嘘ついたりしていたからね」

――今、コンビを解散して一人で生きていく宮迫さんに対してはどんなお気持ちですか?

「コンビを解散するというのは2人で決めること。どちらかがイヤと言ったら、恋愛カップルでも仕方ないですよね。だからそれは、熟年夫婦にしかわからないこともいっぱいある。外部や僕なんかがあーだこーだいうのは違うと思う」

――宮迫さんに対して、頑張ってくれという気持ちもある?

「それはないけどね(笑)。頑張るか頑張らないかは、本人が決めることだから。僕はもう別に関係ないし。吉本の所属している芸人さんのことを一生懸命やるだけで、吉本以外の人のことは、気を回す余裕もないから」