昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

栗山英樹監督の責任は? 中田翔の巨人移籍でわかった日本ハムの「無責任体質」

 同僚選手への暴行で出場停止処分を受けていた日本ハム・中田翔内野手(32)が8月20日、巨人に無償トレード。急転直下の移籍劇に球界は激震し、同時に疑問の声も上がっている。

 一つは「処分期間の短さ」だ。16日の時点で日本ハムの栗山英樹監督(60)は、「(復帰までに)すごく時間はかかる。今すぐにプレーして、という感じではない。それくらい重く受け止めている」とコメント。だがその日の夜、栗山監督は私淑する巨人・原辰徳監督(63)に電話し、中田を引き受けるように懇願している。

栗山監督の下で3度打点王に輝いた中田翔 ©共同通信社

 処分は日本ハムが科しているため、他球団の選手となった中田を縛ることはできない。結局、謹慎期間は9日間で終了した。

オフに移籍させるのが筋

 トレード発表後、報道陣から「処分期間が短いのでは」と質問を受けた栗山監督は、「長いとか短いとかそういうことではない。それは彼の行動で判断される。じゃあ、どのぐらい長かったらいいのか。今シーズンが終わるまで野球をやらなかったら、本当に野球人として終わってしまう可能性もある」と強弁した。

 日ハムOBはこう憤る。

「これでは通常の出場選手登録抹消と変わらない。日ハムは中田自身がしでかしたことの重大さと向き合い、反省する時間を奪ったのではないか。今季終了までは謹慎させて、オフに移籍させるのが筋だろう」