昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“人間不信”の波瑠が共演者と打ち解けた きっかけは田中圭の“好プレイ”と元AKB

「ナイト・ドクター」舞台裏

「見逃し配信の再生数が、フジのドラマで歴代ナンバーワンになった。すでに、シリーズ化の話も出ているといいます」(フジテレビ関係者)

◆ ◆ ◆

初回視聴率は13.4%と好スタート

 波瑠(30)が主演を務めるフジの月9ドラマ「ナイト・ドクター」。2018年に映画化され、92億円超の興行収入を叩き出した大ヒットドラマ「コード・ブルー」シリーズに参加したプロデューサーや演出家が手がけており、監修も同じ病院という医療ものだ。

「初回視聴率は13.4%と好スタートを切り、五輪明けの第6話も10.2%と、なんとか2ケタで踏ん張っている」(同前) ※8月30日放送の第9話は9.1%

 上層部は、「コード・ブルーの後継に」と鼻息が荒いという。

「フジの“医療もの”を背負ってきた『コード・ブルー』は、主演の山下智久がジャニーズ事務所を退所し、今や続編は望みにくい。だからなんとか『ナイト・ドクター』を次なる看板に育てたいのです」(同前)

「医療手技は100回くらい練習した」

 期待を背負った波瑠は、初めての月9主演とあって緊張していた。インタビューでは「(クランクイン前は)特に緊張していた」と語っており、「医療手技は100回くらい練習した」という。

年1作のペースで連ドラ主演を張る波瑠

 4度目の朝ドラオーディションで「あさが来た」(15年)のヒロインに抜擢されブレイクし、以降、多くのドラマで主演を務めてきた波瑠。

「朝ドラで『人間不信になった』と公言している通り、当時はプレッシャーで孤立していた。そもそも人見知りで、16年にはドラマで共演した関ジャニ∞の横山裕に『どこに住んでるの?』と聞かれると、『何で教えなきゃいけないんですか』と一蹴した」(テレビ関係者)