昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

人見知りの波瑠を田中圭がフォロー

 また、伊勢谷友介には、「彼氏いないの?」などと聞かれ、それが嫌で避けていたという。

「ナイト・ドクター」で“人見知り”波瑠を囲んだのは、沢村一樹(54)、岡崎紗絵(25)、岸優太(25)、北村匠海(23)らの共演陣だ。

 そして、クランクアップ直前の7月、「20人深夜誕生パーティ」を開催し、その後コロナの感染が判明した田中圭(37)もその一人だった。

 だが田中は、それまでの現場では、波瑠をフォローする“好プレイ”を見せていたという。

「波瑠と田中は何度も共演経験がある。裏表のない波瑠はハッキリした物言いをするので『性格がきつい』といわれることもあるが、そんな彼女をよく分かっている田中がさり気なくフォロー。地元亀戸の鰻弁当や和菓子を100人分差し入れるなどして現場を盛り上げていた」(ドラマ関係者)

救急救命医師に扮する(「ナイト・ドクター」フジテレビ系より)

 おかげで波瑠は共演者とも打ち解け、岡崎紗絵とは個人的にメールし合う仲にまでなった。現場でも、次第にリラックスしている姿を見せるようになっていったという。

「医療モノのため緊迫したシーンが多いのですが、前室では岸がイジラレ役で、田中や波瑠にからかわれていた。カメラが回ってないところで田中が岸をくすぐると、波瑠が『笑わないの!』と注意。コントのようなやり取りをしていました」(同前)