昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《現場写真入手》五輪組織委の医療物資廃棄 スタッフの告発「譲渡を提案したのに…」

 8月31日、突如、東京五輪・パラリンピック組織委員会が発表した未使用の医療物資の廃棄問題。「週刊文春」は、廃棄現場の写真を入手した。「週刊文春」は、写真とスタッフの証言を基に8月30日、事実関係を確認する取材を行ったところ、期限までに回答はなかったが、山下聡・大会運営局長が「会場撤収の過程で判明した」として発表した。

廃棄された医薬品類

 組織委の発表によると、廃棄が行われたのは合計9会場。マスクは3万3000枚、消毒液は380本、ガウン3420枚を廃棄し、金額のトータルは500万円にのぼるという。山下局長は「あってはならないこと。謝罪申し上げます。組織委員会として大変申し訳ないことをした。再発防止に努めていく」と謝罪した。

 だが、小誌に告発した五輪の医療スタッフによれば、廃棄は意図的だったという。