昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

ギリシャを不況が襲い、父と営むテーラーが倒産寸前 崖けっぷちの50歳男性が踏み出した“新たな一歩” 「テーラー 人生の仕立て屋」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

50歳の独身男性ニコス(ディミトリス・イメロス)は、アテネの中心地で高級スーツの仕立て屋を、父親と36年間営んできた。不況により店が銀行に差し押さえられ、父親がショックで倒れると、ニコスは手作りの移動式屋台で仕立て屋を始める。道端で高級スーツが売れるわけもなく、途方に暮れていると、ウェディングドレスの注文が入る。紳士服一筋だったニコスが、隣人のオルガ(タミラ・クリエヴァ)の手ほどきで作り始めた婦人服と一点物のウェディングドレスは、アテネの女性たちの間で評判になっていくが……。

〈解説〉

自身の脚本(共同)による、ソニア・リザ・ケンターマン初長編監督作。崖っぷちの主人公が一歩を踏み出すヒューマンドラマ。101分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆主演俳優の人相になじめず。服作りのディテールや販売スタイルを興味深く注目。後半の解放感。ギリシャ小旅行気分に。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆服を移動式屋台で売るという発想が技あり。アテネの風景が流れはじめ、話も動く。カウリスマキとは抒情の種類が別物。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆服の仕立てに専念するニコスの姿が、女性を抱く時の優しさや丁寧さを妄想させる。ギリシャの街並みと生活感もいい。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆無声喜劇の要素を滑らかに取り入れ、ファスト消費への風刺もあり。佳作だが、やや予定調和の良心や感動に寄りすぎか。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆バスター・キートンやジャック・タチを想起する映像。音楽で例えるならたまにはこんなユニークな楽譜も心地よい。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆

 

© 2020 Argonauts S.A. Elemag Pictures Made in Germany Iota Production ERT S.A.

『テーラー 人生の仕立て屋』(ギリシャ、独、ベルギー)
9月3日(金)より新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
https://movies.shochiku.co.jp/tailor/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー