昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「被害女性のことを、ずっとずっと思っています」小田急刺傷事件 女子大生を救った看護師が語る“あの日のこと”

「このままでは死んでしまう。助けなきゃ」

 目の前には血塗れの若い女性。無我夢中、救護に当たったのが、20代の看護師・A子さんだ。

 小田急線の長閑な車窓風景が一変したのは、8月6日夜8時半頃。對馬(つしま)悠介容疑者(36)が刃渡り約20㎝の牛刀を取り出し、座席の端に座る20歳の女子大生の胸部や背中、腕など7カ所を切りつけたのだ。

「誰でもよかった」と供述した對馬容疑者

「通り魔!」「犯人が!」すし詰めの車内に響く声

 その夜、A子さんもまた乗り慣れた新宿行きの車内にいた。成城学園前駅を過ぎた頃、突然、後方車両から何十人もの人が走って迫ってくるのを目にした。

 A子さんが振り返る。

「喩えが悪いんですが……、『進撃の巨人』の、巨人から逃げる人。本当にそんな感じの勢いで。私も訳が分からず逃げました。後ろを振り返っても何も見えない。『通り魔!』『犯人が!』と、すし詰めの車内に響く声で初めて認識しました。事件が起きたんだ、って」

 先頭車両に辿り着いた時、目に入ったのが、被害者となった女子大生だった。左半身を血塗れにし、右腕で左腕を隠していた。

「誰か布持ってる人いますか! 私看護師です!」

「どうしましたか? 大丈夫ですか?」

「走って、逃げて、来た」

 微かな声、顔も唇も真っ白だ。命の危険を感じ、気づけば咄嗟に叫んでいた。

「誰か布持ってる人いますか! 私看護師です!」