昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

眞子さま駆け落ち婚でも「いずれ天皇の姉と義兄に」小室圭さんのアピール力とNY社交界での“ロイヤルの価値”

「文藝春秋」皇室座談会 #3

 9月1日、秋篠宮家の長女・眞子さまと婚約が内定している小室圭さんが年内ご結婚の方向で調整が進められていると複数のメディアが報じ、衝撃が走った。10月に婚姻届を出す方向で調整との報道も続いている。

 なぜ眞子さまのご結婚は急展開したのか。宮中で起きていた眞子さまの宮内庁長官への“直談判”事件などについて、9月10日(金)発売の月刊「文藝春秋」10月号がその詳細を報じている。

 NHKが夜7時のニュースで「秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さま 大学時代の同級生・小室圭さんと婚約へ」とスクープしてから4年。「文藝春秋」2021年6月号掲載の江森敬治氏(毎日新聞編集委員)、片山杜秀氏(慶應義塾大学教授)、河西秀哉氏(名古屋大学准教授)、山口真由氏(信州大学特任教授・法学博士)による座談会を公開する。(全3回の3回目/#1#2から続く)

◆ ◆ ◆

内親王さまやご両親の本音は

江森 いま、安定的な皇位継承を議論する政府の有識者会議が開かれています。制度ですので、入れ物の話が多いと思いますが、大切なのは中身だと思います。内親王さまたちやご両親たちの声を十分に聞くという視点が抜け落ちてないかと心配です。今回のご結婚問題しかり、女性・女系天皇や女性宮家問題も、その当事者は、愛子さま、眞子さま、佳子さまという3人の内親王たちです。いくら制度について議論したところで、内親王たちが早く窮屈な皇室を出たいと考えていたとしたら……。

2017年9月3日、婚約内定会見での眞子さまと小室圭さん ©JMPA

 私たち主権者である国民は、彼女たちの本音を、ほとんど知らないのではなかろうかと危惧しています。日ごろから、国民の間で議論をして、眞子さまたちが暮らしやすい環境などを考えて差し上げることが大切ではないかと思います。

土壇場で道を開く日本

片山 私は非常にクラシックな考え方かもしれませんけれど、憲法や皇室典範をいじれば、つまり仕組みを変えれば、うまく行く、安心できるという議論にはどうも懐疑的なのです。皇族、宮家、皇位継承者を増やすとか、そういう工夫をすれば安定軌道に戻せると思っている人も多いと思うのです。けれど、日本の歴史を振り返ると、本当に切羽詰まっていないところで制度をいじっても、逆にうまく行かなくなることが多い気がするのです。