昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

エンパイア社の回答は…

 改めてエンパイア社に取材を申し込むと「雇用調整助成金は政府の定めたルールに則り正しく申請し受給しております」と書面で回答し、助成金を受給している事実を認めた。

 また、休業日数の改ざんについては、「現在、社内において事実関係の調査を行っております」と答えた。

結婚10年目を祝うアンミカとミラー氏(インスタグラムより)

 雇用調整助成金の不正受給に詳しいデイライト法律事務所の杉原拓海弁護士が解説する。

「雇用調整助成金を受給するためには、従業員の給与明細も休業の“証拠”として労働局に提出する必要があります。その数字が改ざんされていたとすれば、不正受給が疑われます。労働局が不正と判断すれば、受給した雇調金の全額返済のみならず、以後五年間は助成金の受給が禁止される。悪質と判断された場合には、刑事告発される可能性もあります」

 アンミカは今年6月、経産省のキャリア官僚2人が新型コロナの影響を受けた中小企業を支援する家賃支援給付金を騙し取った事件について、「バイキングMORE」(フジテレビ系)でこう発言している。

「この2人のせいで一番腹立つんがね、給付金の手続きがより厳正になっちゃって、遅れる人が増えてくることが腹立つのよ。ほんまバカタレ!」

「バイキングMORE」(フジ系)9月6日の放送より

アンミカは「きちんと疑惑を払拭するべき」

 アンミカに夫の会社の疑惑について見解を聞くと、事務所を通じてこう回答した。

「(不正受給が)もし事実であるならば、あってはならないことです。然るべき手順で、きちんと疑惑を払拭するべきです」

 なお、小誌の取材後、エンパイア社はホームページに掲載していた昨年7~9月の仕事実績を削除している。同社の社内調査の行方が注目される。

 9月8日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び9月9日(木)発売の「週刊文春」では、ワイドショーなどでご意見番となっているアンミカの仕事ぶりや、夫・ミラー氏の華麗な経歴、エンパイア社のもう一つの“疑惑”について詳報する。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版で記事を読む

この記事の写真(7枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー