昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

弁護士の見解は…

 ハラスメントに詳しい新村響子弁護士が語る。

「バッジの強制着用は事情がある方への配慮を欠き、不適切であると思います。子育て支援は重要ですが、多様性に配慮した職場環境作りが求められます」

強制されるピンバッジ

 タマホームでは、現役の男性取締役が支店長などの中堅幹部らと「風俗店利用」をテーマにしたグループLINEを作成。「社長の紹介」として、有名風俗店の利用を推奨し、プレイ内容を報告させていたことが明るみに出ている。

 その一方で、社員に「ワンモアベイビー」の価値観に賛同を示すよう強制していたことは、さらなる批判を呼びそうだ。

 タマホームは質問状に、一切回答しなかった。

 9月8日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」および9月9日(木)発売の「週刊文春」では、8月下旬の株主総会での「文春報道」を巡るやり取りや、玉木氏のジェンダーハラスメントが疑われる他の問題発言などについても報じている。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版で記事を読む

この記事の写真(4枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z