昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

若い世代が亡くなる新型コロナ第5波 その陰に「無自覚の糖尿病」が存在……五輪開会式聖火ランナー・大橋博樹医師が語る

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

若い世代が亡くなる新型コロナ第5波 その陰に「無自覚の糖尿病」が存在……五輪開会式聖火ランナー・大橋博樹医師が語る

 新型コロナウィルス第5波は最大の感染者数となったが、死亡者数は相対的に少ない。ただ、若い世代が亡くなっている。多摩ファミリークリニック(川崎市)院長の大橋博樹さんは昨年2月にダイヤモンド・プリンセス号に乗り込み、それ以来、新型コロナ感染症に対応。オリンピックの開会式では、コロナと闘う医療者の代表として、長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督らから聖火を受け取った。その大橋さんは、若い世代で重症化する人の中に、「基礎疾患なし」と報告されていても、実は、日頃、健診を受けず、糖尿病の自覚のないケースがあると指摘する。聖火ランナーの医師はどのように第5波に立ち向かっているのか、大橋さんに聞いた。(聞き手・渡辺勝敏)

半日は通常診療をストップ、発熱外来に集中

――診療所では医師4人が働き、当初から発熱外来を開設して、新型コロナ患者の診療に当たってきました。第5波での診療はどのような状態ですか。

 元々、発熱外来は午前中の診療の最後の時間を使ってやってきましたが、8月になると、それでは間に合わなくなってきました。午前は通常診療をやめ、発熱外来だけにして、診ることができるのが1日30~40人。お盆明けごろには、陽性率が50%を超える日が続きました。保健所の手が回らないので、私たちが陽性者に問い合わせて、濃厚接触者を聞き出して検査をしています。9月に入っても診療所のキャパシティーの上限に達する状況が続いていて、陽性率が3割を切ることはありません。気が抜けない状態が続いています。

――感染者数が急増して、本来入院が必要なのに病床が見つからず、自宅療養のまま死亡するといった悲惨な事例が報告されていますが、川崎市ではいかがでしょうか。

 通常の医療なら医師が病院と交渉して入院先を見つけるのですが、新型コロナは法律上「2類感染症」の扱いなので、入院の可否は医師ではなく保健所が判断しています。僕らは緊急の対応が必要な患者さんがいれば、「この患者さんは危ない状況なので、入院の順位を上げてください」という話を保健所にしています。川崎市の場合は、市が保健所を設置しているので、市の調整本部が入院のやりくりをして、市内で病床が見つからなければ、県に連絡して県全域で病院を探しています。それで、鎌倉市など他市町にもご迷惑をかけて、なんとか調整してもらってきました。ただ、8月のお盆ごろからは、本来なら入院が必要だけど、ベッドがなくて自宅にとどまっているという患者さんが、川崎市でも1日数名ずつ出るようになりました。災害のような状態ですね。