昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

若い世代が亡くなる新型コロナ第5波 その陰に「無自覚の糖尿病」が存在……五輪開会式聖火ランナー・大橋博樹医師が語る

重症度を効率よく判断できる野戦病院が必要

――コロナ患者をたくさん診ていて、ほかにどのような課題がありますか。

 これからのことを考えたら、野戦病院のような施設が必要です。すぐに入院しなければいけない人を見つける目的に特化した施設。訪問して自宅療養者を診られるのは、どんなに頑張っても半日で4、5人。病状が急変する場合もあるので、緊急の入院が必要な重症者を往診で選別するのは限界があります。患者さんを1か所に集めて、管理できる場所が必要です。

 病院の先生に聞くと、もうひとつの問題があります。保健所の判断で入院させるわけですが、中等症と言われたけど、実際には軽症だったという話もあって、それでも既定の入院観察期間は入院させる方針の病院が多いので、無駄にベッドを使っている面があります。若い人などは、よくなったら自宅に帰して訪問診療につなぎ、中等症用のベッドを空ける流れも重要です。

――先生も含め、「災害のような状態」という言葉を、コロナ診療を担う医師から聞きます。しかし、街はいつもよりも人が少ないものの、一般にはピンときていないようにも見えます。

 僕たちは、この診療所から見えるマンションや裏のお宅に危険な状態の患者さんがいるけど、入院できないということを知っています。うちの診療所も、通常診療を減らして発熱外来をやっている緊急体制ですから、この川崎も被災地という感覚です。でも、市民の方にはそれが伝わりません。俺は病人なのになんで診てくれないんだ」と文句を言われたりして、心が折れてしまった職員もいます。東日本大震災や熊本地震で、診療所を休診にして現地で医療支援をした時には、患者さんから差し入れをいただくこともあって、ご理解いただいたのですが、コロナの感染拡大では、災害を実感しにくいようです。

日本のコロナ対応病床は数%「これはあり得ない状態」

――医療機関の方もコロナ患者を受け入れている病院はごく一部で、発熱患者を診ない開業の医師も多く、日本の医療界が総力を上げて、危機に対応してはいません。限られた医療機関が災害時のような対応をしているのが、現状なのでしょうか。