昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

京セラ工場で700キロ大型製品落下 下敷きになった従業員死亡

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 企業

大型製品落下で従業員死亡 鹿児島の京セラ工場

京セラ本社=京都市伏見区

 京セラは8日、鹿児島国分工場(鹿児島県霧島市)で男性従業員1人が大型のセラミック製品の下敷きになり死亡したと発表した。県警などが詳しい原因を調べている。

 同社によると、従業員は工場で、産業用機械などに使われるセラミック部品の製造に携わっていた。7日午後9時15分ごろ、クレーンでつり上げた約700キロの部品が落下し、床との間に挟まれた。

 落下音を聞いた別の従業員らが救出したが、病院搬送後に死亡が確認された。同社は捜査協力のため、同工場の関連部門の稼働を停止した。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー