昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“上から目線の喋り方”が女優としての個性に

 2年前、戸田と食事をした起業家の男性も証言する。

「遺伝子検査で自分に合った食べものを選んでいるとのことで、『あなたは知らないでしょうけど……』と上から目線の喋り方。せっかく予約したレストランで、食べて良いもの悪いものを語られて、正直、いい気はしませんでした(笑)」

 ただ、それが女優としての個性になっていると前出のテレビ関係者は言う。

「戸田の所属事務所は、デビュー当時の広末涼子や有村架純のような清純派女優が得意。だが戸田はそういったイメージから抜け出す“自分”を持っていた。だから出世作『SPEC』(10年・TBS)での口の悪い捜査官や『ハコヅメ』のサバサバした演技も似合う。それが支持された結果、今では自分で企画を選べる存在になった」

恋人の存在も隠さず、あけっぴろげに

 私生活でも恋の相手の存在を隠さない。09年秋に関ジャニ∞・村上信五との手つなぎデートを「女性セブン」が報道。12年、綾野剛と新幹線で寛いでいる様子を「FRIDAY」が撮影。17年には成田凌との車デートが報じられた。

「他の女優たちはマンション内デートに限ったり、人目につかないよう交際をしている。しかし戸田は変装することもなく、あけっぴろげだった」(芸能記者)

 そんな戸田が昨年末、生涯の伴侶に選んだのが松坂桃李(32)だ。

15年、映画で共演した戸田恵梨香と松坂桃李

「桃李君はオタクで、暇さえあればゲームをしている。気に入った玩具を見ても、『こんなの買って帰ったら怒られちゃうよ』と笑っていました。番組では『(将来)子供に凄いって思われたい』と発言、夫婦とも子供が欲しいと思っているようですが、まだまだ仕事も忙しい」(前出・テレビ関係者)

 次なるオファーも“長蛇の列”。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー