昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「伊藤詩織さんを中傷」のデマ、「露出が多い」と叩かれる...三浦瑠麗が経験した“炎上”

「炎上」「言葉狩り」が社会を蝕む #2

2021/09/16

 言うまでもなく、キャンセルカルチャーはSNSによって急速に拡がっています。インターネットの時代、過去の発言はすべて、一切の文脈を取り払って世に出すことができます。過去のある時点で知り得た情報をもとに何か発言をすると、その時点では正しかったことも、時を経て真相が明らかになったときには、当時の時代背景を一切無視した発言のみが切り取られ拡散されてしまいます。つまり、即席に「加害者」を仕立て上げるのは簡単なことです。

 今日もツイッターのどこかで火事が起きているでしょう。火事に人が群がると炎上はさらに大きくなる。

「恨みは30年だろうが40年だろうが忘れまい」

三浦瑠麗さん ©文藝春秋

 炎上を手助けするのがハッシュタグの存在です。特定の話題を一覧しやすくするために用いられますが、「#●●の辞任を要求します」のように使われると、インターネット上で私刑(リンチ)の連鎖につながる。私刑の動機は、ほぼ権力欲とルサンチマンによる報復感情で説明ができます。

「相手を完膚なきまでに叩きのめしたい」、「恨みは30年だろうが40年だろうが忘れまい」というのは人間だけの性質でしょうね。

 そしてキャンセルカルチャーの恐ろしいところは、「叩かないことさえも叩かれる」ことです。

 責めないことを責められないため、人はありとあらゆるニュースに反応しなければならなくなる。これは不祥事に関する問題だけではありません。東日本大震災について毎年追悼のメッセージを発する人が、阪神淡路大震災については言及しないことが責められる可能性もあります。アメリカのハリケーンに同情を寄せて、中国の地震をスルーする問題も指摘されるかもしれない。

 個人的な体験や愛着のあるものについて語ることは自然にできますが、ありとあらゆる惨禍、不祥事について平等に言及することはそもそもできません。そのような行動の行き着く先は、単に、見られるために行う発信であり、思考停止です。