昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「添い寝して」週刊新潮、フジテレビ…女性記者に迫った“読売新聞エリート記者”の卑劣すぎる手口

〈本紙記者が情報漏えい 週刊誌女性記者らに〉

 8月27日付の読売新聞社会面に、社内不祥事の記事が掲載された。

読売新聞本社 

◆ ◆ ◆

順風満帆のエリートコース

 概要は、東京本社社会部の記者A氏(32)が、昨年夏から秋にかけて、検事総長秘書官のセクハラ疑惑や女子大学生殺害事件の取材情報を週刊誌女性記者に渡していたというもの。A記者は女性記者に、〈不適切な関係を迫っていた〉とある。読売新聞関係者が語る。

「Aは東京地検特捜部などを取材するP担(検察担当)。社長を務める山口寿一氏もかつて在籍した社内の花形部署です。神奈川の名門私立高から慶応大を経て入社。初任地の山形支局時代からP担希望でアピールを続け、念願叶って東京本社の社会部に引き上げられた。山形時代に地元の局アナと結婚し、順風満帆のエリートコースに乗っていました」

女性記者から「あいつ触ってくるんだけど!」

 だが、その仕事ぶりは、

「P担への憧ればかりが強く、取材力がなかった。目立ったのはセクハラだけ。他社の記者との飲み会でも、女性記者からAの同僚に『あいつ触ってくるんだけど!』とクレームが寄せられたこともあった」(同前)

 その被害は週刊誌にも。

「『週刊新潮』の20代女性記者Bさんが、昨年夏に張り込み現場でたまたま一緒になった。うまく協力し合えたことから、後日飲みに行こう!となったそうです」(Bさんの知人)

 若手のBさんにとって、天下の読売のP担は貴重な人脈に映ったに違いない。