昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

フィクションを凌駕する「藤井三冠」という現実──ラノベ『りゅうおうのおしごと!』作者が語る“藤井VS豊島”叡王戦

source : 提携メディア

genre : ライフ, 娯楽

フィクションを凌駕する「藤井三冠」という現実──ラノベ『りゅうおうのおしごと!』作者が語る“藤井VS豊島”叡王戦

文/白鳥士郎

 

「現実に、負けるな。」

 これは私が書いたライトノベル『りゅうおうのおしごと!』13巻の、帯に書いたキャッチコピーです。私が考えました。
 その下には、編集者が考えた『いま一番、現実に追い抜かれそうな将棋ラノベ最新刊!』という一文が小さく入っています。煽られてる……。

 13巻の発売は、2020年8月15日。
 ちょうど藤井聡太棋聖が誕生した1ヶ月後であり、さらに王位も獲得して二冠になるかどうかというところでした(8月20日に藤井二冠が誕生します)。

 『りゅうおうのおしごと!』の主人公は史上最年少で竜王を獲得した設定で、けれどまだ二冠目に挑戦中だったため、藤井二冠が誕生すれば現実に追い抜かれてしまう――そんな、フィクションと現実がチキンレースをするような(?)状況を表現したこの帯は、ネット上で大いにバズりました。本の売り上げに繋がったかは微妙なところですが……。

8月6日発売の『りゅうおうのおしごと!』13巻が刷り上がりました。

帯がめっちゃ煽ってきてて草 pic.twitter.com/MiXnewZCCR

— 白鳥士郎 (@nankagun) July 30, 2020

 もともと、十代の少年がいきなり将棋界最高のタイトル『竜王』を獲得するという設定は「あまりにも将棋をナメてる」「現実感がない」と叩かれていたのですが、藤井聡太という天才の出現によって、逆に「現実よりもショボい」と批判されるようになっていたのです。まさに事実は小説より奇なり、ですね。

 その後、14巻で主人公を二冠にしたことで安心した私は、15巻では主人公のタイトルを増やさないことにしました。
「さすがに新刊を出すたびに主人公のタイトルが増えていったら物語に起伏がなさ過ぎるもんな~」くらいに思っていました。
 しかしそのあいだも天才は歩みを止めなかったのです。
 そして2021年9月13日。
 それまで対戦成績で圧倒されていた豊島将之叡王とのダブルタイトル戦を、王位防衛・叡王奪取という最高の結果で締めくくり、藤井聡太三冠が誕生したのでした。
 羽生善治九段の持つ記録を28年ぶりに塗り替えて、史上初の十代の三冠が……。
『りゅうおうのおしごと!』15巻が配信される、実に6時間前のことです。どうしてこのタイミングなの……。