文春オンライン

「だって、踊れないじゃない?」

 嵐とSMAPの共演が少ないことについては、「別に、意味というのはないと思うんですけれども……」と、くぐもった声で答えた。

 その瞬間だった。

「だって、踊れないじゃない?」

 それまでジッと飯島氏を黙って睨みつけていたメリー氏が、堰を切ったように語り始めたのだ。

「だって(共演しようにも)SMAPは踊れないじゃないですか。あなた、タレント見ていて踊りの違いってわからないんですか? それで、そういうことをお書きになったら失礼よ。(SMAPは)踊れる子たちから見れば、踊れません」

 メリー氏はここから飯島氏およびSMAPを徹底的に否定していく。

「この人(飯島氏)はSMAPが長すぎているのかもしれませんね」

「悪いけど私、飯島に踊りを踊れる子を預けられないもの」

「文春さんがはっきり聞いているんだから、対立するならSMAPを連れていっても今日から出て行ってもらう。あなたは辞めなさい」

「この人(飯島氏)なんて偉そうに派閥なんて言っているけど、じゃ、派閥の子の名前を言ってごらん?」

「もしジュリーと飯島が問題になっているなら、私はジュリーを残します。自分の子だから。飯島は辞めさせます。それしかない」

©iStock.com

トップは「近藤真彦です」

「うちのトップはマッチです。SMAPじゃありません。失礼なこと聞かないでください」

 われわれ記者に語りかける形だがメリー氏が追及の手を緩めることはない。飯島氏はずっと下を向いている。そしてついに直接こう問い質したのだった。

「飯島、うちのトップは誰!?」

 メリー氏はまさに“踏み絵”を迫ったのだ。飯島氏は下を向いたまま間髪を入れず、こう答えた。

「近藤真彦です」

 このときの、肩を落とした飯島氏の姿が忘れられない。大勢の前でプライドを踏みにじられ、腸が煮えくり返る思いだったに違いない。

『ジャニーズ女帝』メリーさんに叱られた」は、文藝春秋「2021年10月号」と「文藝春秋digital」に掲載されています。

文藝春秋

この記事をより詳しく読みたい方は「文藝春秋 電子版」で購読できます。
文藝春秋で記事を読む

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー