昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「あの年齢の子どもにありがちですが…」秋篠宮さまが明かした悠仁さま15歳への“教育としつけ”

#1

2021/10/07

source : 文藝春秋 2014年5月号

genre : ニュース, 社会

 秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんのご結婚については、今なお国民のあいだでさまざまな議論が巻き起こっています。「文藝春秋」は秋篠宮家の内実を報じてきました。秋篠宮さまと親交の深い江森敬治氏(毎日新聞編集委員)による寄稿(「文藝春秋」2014年5月号)を特別に全文公開します。(全3回の1回目/#2#3へ続く)

(※年齢、日付、呼称などは掲載当時のまま)

立皇嗣の礼「立皇嗣宣明の儀」を前に秋篠宮ご夫妻を見送られる悠仁さま ©JMPA

◆ ◆ ◆

紀子さまがズボン姿の軽装で挨拶に

 2013年の暮れのことだった。宮邸で秋篠宮さま(48)と会っていると、紀子さま(47)がズボン姿の軽装で部屋に入って来た。紀子さまは、朝、悠仁さまと一緒に出掛け、先程、宮邸に戻り、挨拶に来たのである。軽装だったため、私は紀子さまにどこかへ出掛けていたのか尋ねたところ、この日の朝、悠仁さまと一緒に、皇居・大道庭園詰所を訪れ、新春用の「春飾り」と呼ばれる寄せ植えの盆栽飾りの作業の手伝いをしていたと紀子さまは答えた。

 春飾りはウメの古木を中心にマツ、タケ、センリョウ、マンリョウなど縁起の良い草木を配置して作り、年末から新年にかけて宮殿や御所などに飾るものだ。庭園詰所を訪れるのは3年目である。

立皇嗣の礼「立皇嗣宣明の儀」を臨まれる秋篠宮ご夫妻と、見送られる悠仁さま ©JMPA

 職員が作業をしている所を見学し、興味を持ち、自分でも作ってみたいと思った悠仁さま。職員に教えてもらいながら作ったという。

 一昨年、昨年も、陶器の鉢に土、草木や苔を植栽し、悠仁さまは宮邸に飾る春飾りを作った。その春飾りは新年に宮邸に飾ったという。

 また、2人は、昨年、天皇、皇后両陛下や宮さまたちの食事の世話をする宮内庁大膳課も訪れた。悠仁さまは、調理場で、新年用の宮中料理が作られる過程を見学した。紀子さまと悠仁さまは作業、調理現場を訪れ、魚をさばいたり、和菓子を作ったりするところなどを見たが、宮内庁関係者によると、質問をしながら熱心に見学したことに現場の職員たちはとても感激した様子だったという。