昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

紀子さまは「自分の置かれた立場をしっかりと認識して」 秋篠宮さまが眞子さまを“一本立ち”させたかったご真意

#3

2021/10/07

source : 文藝春秋 2014年5月号

genre : ニュース, 社会

 秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんのご結婚については、今なお国民のあいだでさまざまな議論が巻き起こっています。「文藝春秋」は秋篠宮家の内実を報じてきました。秋篠宮さまと親交の深い江森敬治氏(毎日新聞編集委員)による寄稿(「文藝春秋」2014年5月号)を特別に全文公開します。(全3回の3回目/#1#2から続く)

(※年齢、日付、呼称などは掲載当時のまま)

◆ ◆ ◆

眞子さまは「有意義な学生生活を送ることができた」

 3月26日、秋篠宮家の長女、眞子さま(22)は東京都三鷹市にある国際基督教大学(ICU)を卒業した。眞子さまは教養学部アーツ・サイエンス学科で美術を学び、在学中は、英国・スコットランドにあるエジンバラ大学に約10カ月留学した。ICUでは雪面滑走競技部に所属し、スポーツ全般が好きだという眞子さまは、卒業式に出席。「有意義な学生生活を送ることができた」という趣旨の感想を文書で発表した。

眞子さま ©JMPA

 卒業後、眞子さまは、成年皇族として、大学院進学や海外留学などを視野に入れながら公的な活動を続ける。父親の秋篠宮さまは、今後の公的な活動において、眞子さまを「一本立ち」させたい考えだ。そのため今後は、両親と一緒の活動ではなく、一人での公的活動を増やす方針だ。また、宮さまと眞子さま、あるいは、紀子さまと眞子さまとの組み合わせで諸行事などに出席する。秋篠宮家の親子が分担することによって、公的活動が複数重なった場合も含め、様々な行事に対応することが可能になるとの考えもあるようだ。

秋篠宮さまと眞子さまは仙台を視察

 3月13日、宮さまと眞子さまは仙台市を訪問した。東日本大震災で親を亡くした遺児を支援するために、あしなが育英会が建設した「仙台レインボーハウス」を視察。眞子さまは子どもたちや保護者と話した。

 同じ日、紀子さまは総裁を務める結核予防会の全国大会に出席するため島根県を訪れていた。このように、ご一家の公的活動の分担化が少しずつ始まっているのだ。

 昨年11月の会見で宮さまは「長女については、(略)二十歳を過ぎて少しずつ公的な場所、行事に出席する機会が出てきました。今後もそういう機会を頂いたら、それを一つ一つ丁寧に務めていってほしいと思っております」と、話した。