昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「本当に残酷」赤ちゃん猫4匹をポリ袋に入れてゴミ捨て場に…コロナ禍で増えるペット遺棄【高知発】

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

「本当に残酷」赤ちゃん猫4匹をポリ袋に入れてゴミ捨て場に…コロナ禍で増えるペット遺棄【高知発】

 

プラスチックごみ収集日に…ポリ袋に子猫4匹

2週間ほど前に撮影された、高知市高須のごみ捨て場。
捨てられたポリ袋の中に、生まれたばかりの子猫が入っていた。

コロナ禍の中で、ペットを捨てる飼い主が増えているという。
「かわいいだけで、安易に飼わない」。
今、あらためて問われる、飼う側の責任とは。

元気に鳴きながらじゃれあう、4匹の子猫たち。

 

愛情を受けて、すくすく育っている。

しかし、この子猫たちは2週間前のプラスチックごみの収集日に、高知市高須のゴミ捨て場に捨てられていた。
容器に押し込まれ、ポリ袋に入れられた4匹。袋の口は“固く”縛られていた。
生まれたばかりで、まだ目も開いていなかった。

NPO法人アニマルサポート高知家・吉本由美理事長:
捨てられた状況が今回は酷かったので、体も濡れてて地肌も見えてたし、低体温になる可能性も高かったので、本当に残酷。早く助けてあげたいという気持ちだけでした

 

午前7時ごろ、通りかかった人が小さなSOSに気付き、警察に通報。
動物の保護や譲渡会を行うNPO法人、アニマルサポート高知家のスタッフに引き取られ、九死に一生を得た。

 

NPO法人アニマルサポート高知家・吉本由美理事長:
夜から捨てられてた可能性もありますよね

ボランティアスタッフ・伊藤由美さん:
人目につかないよう暗いうちに

NPO法人アニマルサポート高知家・吉本由美理事長:
頑張ったよね。生きるべくして生きちゅう

癒し求め買い始めるも…コロナ禍で急増するペット遺棄

スタッフは、高知市で子猫の遺棄が増えていると話す。

 

「餌やりやトイレの世話が大変で、保護してほしい」など、この団体には2021年4月から120件を超える相談があった。

 

ボランティアスタッフ・伊藤由美さん:
もしかしたら誰かが助けてくれるかもしれないという、“無責任な望み”で捨てられたかもしれないけれど、捨てたことには違いないし、許せない

遺棄の背景には、新型コロナの影響も。