昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「若くして認知症に」40代後半で一気に脳が老ける人の頭の中で起きていること

source : 提携メディア

「若くして認知症に」40代後半で一気に脳が老ける人の頭の中で起きていること

40代を超えても脳が若い人、老化がどんどん進む人がいる。その決定的違いとは? 「脳をダメにする根本原因があるんです」と言うのは「脳の学校」代表の加藤俊徳氏だ。セブン‐イレブン限定書籍『45歳から頭が良くなる脳の強化書』からその驚きの仕組みを特別公開する——。(第1回/全3回)

※本稿は、加藤俊徳『45歳から頭が良くなる脳の強化書』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

「若いころは頭がもっとシャープだったのに…」

「最近、もの忘れが多くなった」「人の名前が覚えられない」「まったくアイデアが浮かばない」「集中できない」……40歳を過ぎてこんな実感をしたとき、あなたは「もう歳だからしょうがない」と考えてはいないでしょうか。でも、それは間違いです。

加齢によって脳の中の神経細胞が減ったり、記憶に関係する「海馬(かいば)」という部分が萎縮したりすることは現実としてあります。でも、脳の機能低下の原因は老化だけではありません。

あなたは1日に5分でも、その日の出来事を振り返る時間を持てているでしょうか。1週間のうちにどのくらい、スマホを持たずに屋外に出て、自然の声に耳を傾けているでしょうか。

40代といえば、仕事や家事に最も忙しい世代。「そんな余裕はない」と怒られてしまいそうですが、そうしたちょっとした日々の時間が、実は脳にとっては大量の情報を整理して記憶を定着させ、本来の機能を取り戻すためにとても貴重な時間です。

ただ時間に追われ、マンネリ化した日々を送っていると、脳は「自動化」して、怠(なま)けることを覚えて働かなくなっていきます。ただでさえ、スマホやパソコンが「記憶装置」として働くことで、脳はすっかり楽をするクセがついてしまっているのですから。

写真=iStock.com/ra2studio ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/ra2studio

脳は死ぬまで成長する

脳は、あなたが生まれ落ちる前から成長を始め、生後の経験によって形を変えながら、40代になろうと、80代になろうと、100歳を超えても成長を続ける。「死ぬまで成長する器官」なのです。