昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, 社会, ライフスタイル

「三代住んでも"よそ者"扱い」山梨の田舎に移住して直面したしんどい人間関係

私たち移住者との付き合いがなければ、きっと一生経験できなかったことだろう。

地元のお母さんがお子さんとふたり、楽しそうにカヤックをこいでいた光景は、今でも忘れられない。

樋口 明雄(ひぐち・あきお)
小説家
1960年、山口県生まれ。雑誌記者、フリーライター等を経て小説家に。山梨県北杜市在住。作家業のかたわら野生鳥獣保全活動に従事。趣味は渓流釣りと登山。松濤館流空手初段。2008年『約束の地』(光文社)で第27回日本冒険小説協会大賞および第12回大藪春彦賞。13年『ミッドナイト・ラン!』(講談社)で第2回エキナカ書店大賞を受賞。代表作は『南アルプス山岳救助隊K‐9』シリーズの他、『サイレント・ブルー』(光文社)、『還らざる聖域』(角川春樹事務所)、『ストレイドッグス』(祥伝社文庫)など。同じくアウトドアや田舎暮らしの悲喜こもごもを描いた『目の前にシカの鼻息』(フライの雑誌社)がある。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー