昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, ヘルス, ライフスタイル

この魔法のフレーズで、骨盤がワイングラスの底のワインのように適度にゆれている状態をイメージできると、体をバランスよく支える力が高まっていきます。その結果、二大「ダメな姿勢」にならず、ラクに姿勢を保てるようになります。

この魔法のフレーズは、デスクワークをしている方におすすめです。骨盤にゆらぎがあると、イスから背筋がスッと伸びていきます。ぜひ一度試してみてください。

重力に逆らうと体が緊張する

「体の使い方が下手だなぁ、もったいないなぁ」と感じる人には、共通点があります。無意識のうちに、重力に逆らっているのです。「気をつけ」の姿勢は、その典型ですね。

重力の下向きの力に対して、上へ上へと逆らおうとしているために、体を緊張させてしまっています。重力に戦いを挑んではいけません。むしろ、重力に身を任せてしまいましょう。

リラックスしながら良い姿勢を保つフレーズ

【魔法のフレーズ2】体の中を落ちる滝を、鯉(こい)が下から上へエネルギッシュに昇っていきます。

姿勢以外に改善できる症状

・肩こり
・腰痛
・便秘
・疲労
・骨粗しょう症

この「鯉の滝昇り」の身体イメージが意味しているのは、「体の力を抜いたほうが骨で立てるようになるので、体の芯がしっかりする」ということです。

「体の中を上から下へと落ちる滝」は、体の重さや重力を表わしています。体の力を抜いていれば、頭や上体の重みに重力も加わり、「下へ、下へ」という重みの流れが形成されますよね。これが滝の水の流れです。

そして、「上へ、上へ」と昇ろうとする力強いエネルギーを元気な鯉に見立てています。別のところで姿勢を「ふんわり」させるほど、「しっかり」してくると述べましたが、まったく同じことを別の表現で言っています。

このイメージに慣れ親しんでくると、自分の中を立ち昇る「鯉」を信頼して、安心して脱力できるようになります。重力はあなたの味方となり、だんだん「重みに縛られずに体を扱う」ことができるようになってくるのです。

z