昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, ヘルス, ライフスタイル

これは、患者さんによく聞かれる質問です。私はいつもこう答えます。

「頑張らないことです!」

そう言うと、みなさんちょっと戸惑った表情をします。だって、姿勢をよくしたいと思って、その努力をするつもりで私のところに来ているわけですから。

頑張りというのは、体を緊張させるアプローチです。無意識の心身の緊張があなたの姿勢を崩してしまっているのに、頑張ってしまったら逆効果になります。

たとえば、【魔法のフレーズ1】「骨盤はワイングラスの底。いつも静かにゆれています。」をとなえるときに、「ゆらげ!!!!!」と気合を入れて叫ぶように念じたら、どうなるでしょう? 多少はゆらいでくるかもしれませんが、あまり効果は見込めないと思います。

それよりは、静かに「ゆれています……」と、ボソッとつぶやくくらいの気持ちでとなえるほうが効果的です。

やる気ゼロでも大丈夫ですので、ぜひ気楽な気持ちでのぞんでください。そのほうが、体がよけいなことをしませんので、フレーズがもたらすイメージを素直に受け取ることができます。結果として、上手に力を抜いて、骨で立つことができるのです。

「頑張らない」を別の言葉で言うと、「よけいなことをしない」ということ。そもそも、私の専門であるアレクサンダー・テクニークは、「しようとしていないのに、無意識にしてしまっていることをやめていく」というアプローチです。

頑張るのをやめると人生の質が向上する

魔法のフレーズは、みなさんに次のような「新しい選択肢」を提供します。

・姿勢をよくしたいときほど、力を抜いていく
・不安やプレッシャーを感じたときほど、力を抜いていく

その結果として、「美しい」「疲れにくい」「動きやすい」という理想的な姿勢を手に入れられるだけでなく、いままで以上に不安やプレッシャーに強くなれるのです。

また、健康や美についてのうれしい副産物もあります。先ほどの2つは、ふだんみなさんがやっていることの「逆」だと思いますが、魔法のフレーズを活用していくためにはとても大切な方針です。常に頭の片隅に置いておいてほしいと思います。

z