昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

出社日のスーツ、リモートワークの日のジャケット

PR

出社日という、今や貴重な機会を絶対にものにできるスーツ。モニター越しであっても、あなたの人柄を周囲に伝えられるジャケット。ライフスタイルの新常識にマッチする、最適なワードローブを紹介する。

SUIT
出社日の心を昂ぶらせるクラシックなデザイン

EMPORIO ARMANI エンポリオ アルマーニ
ストイックなデザインと快適な着心地

精悍さと肩肘張らない自然な表情を兼ね備えた、グレーのダブルブレストスーツ。一見正統派のクラシックデザインのようだが、パンツは後ろ側にゴムを仕込んだ、イージーパンツ仕様。そのスマートなルックスからは想像もつかないほど、快適な着心地を楽しめる。

スーツ¥217,800、シャツ¥47,300、タイ¥19,800、靴¥48,400、バッグ参考商品/以上エンポリオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL 03-6274-7070) チーフ/私物


JACKET
モニター越しでも伝わる、センスと温もり

BROOKS BROTHERS ブルックス ブラザーズ
リモートワークだからこそ、個性が伝わる一着を

チェック柄のコットンジャケットに、スウェット風のニット。砕けすぎずにリラックスした雰囲気を相手に伝える、こんなジャケットスタイルこそが、リモートワークの新定番。

ジャケット¥70,400、ニット¥26,400、パンツ¥28,600、ソックス¥2,970/以上ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン フリーダイヤル 0120-02-1818)、時計¥825,000/IWC(IWC フリーダイヤル 0120-05-1868)、靴¥73,700/クロケット&ジョーンズ(シップス 銀座店 TEL 03-3564-5547)


SUIT

SHIPS シップス
フレッシュな色使いで若々しさをアピール

立体感のあるゼニア社のヘリンボーンウール生地を使ったスーツは、体のメリハリを強調する仕立てと相まって、頼れる人柄をアピールしてくれる。シワになりにくい生地なので、出張にも最適だ。若々しいグリーンのストライプタイが好相性。

スーツ¥94,600、チーフ¥2,970/以上シップス、シャツ¥27,940/レスレストン フォー シップス、タイ¥17,930/ブリューワー、バッグ¥64,900/ボルドリーニ(以上シップス 銀座店 TEL 03-3564-5547)、時計¥797,500/IWC(IWC フリーダイヤル 0120-05-1868)


AZABU TAILOR 麻布テーラー
鮮烈な印象を相手に与えるオーダースーツの力

ロロ・ピアーナ社のスーパー150’sという、世界最高峰の生地を使ったネイビー無地のスリーピーススーツは、オーダーならではのフィット感によって、圧倒的なクラス感を演出。サイドアジャスタ付きのパンツなど、凝ったディテールにも注目を。

スーツ¥239,800 ※オーダー価格、シャツ¥11,000 ※オーダー価格、タイ¥7,150、チーフ¥1,650/以上麻布テーラー(Y&Mプレスルーム TEL 03-3401-5788) 手に持った眼鏡¥24,750/レイバン(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス TEL 03-3514-2950)、靴¥42,900/シップス(シップス銀座店 TEL 03-3564-5547)


JACKET

J.PRESS ORIGINALS ジェイプレス オリジナルス
切り替え自在なアメリカントラッド

金ボタン付きのネイビーブレザーに2プリーツのチノパン、ボタンダウンシャツという、正統派のアメリカントラッドスタイル。力の抜けたルーズなシルエットが、今の気分だ。ビジネスにも休日にも対応できるこんなスタイルは、一式揃えておくと重宝するはず。

ジャケット¥60,500、シャツ¥14,300、パンツ¥20,900、キャップ¥7,150/以上J.プレス オリジナルス(J.プレス&サンズ 青山 TEL 03-6805-0315)、時計¥1,182,500/IWC(IWC フリーダイヤル 0120-05-1868)


CIRCOLO 1901 チルコロ 1901
イタリアならではの上質なジャージージャケット

一見するとヨーロッパテイストのクラシックなジャケットだが、実はジャージー素材で、チェック柄もプリントで施されている、モダンな一着。フリースのような肌触りが、暖かくなんとも心地いい。実はこちらは、ジャージージャケットを専門に手がけるイタリアンブランドのもので、近年ブームとなっているそれらの中でも、クオリティは抜群。だらしない印象を与える心配はないだろう。

¥74,800/チルコロ 1901(トヨダトレーディング プレスルーム TEL 03-5350-5567)


PAUL SMITH ポール・スミス
ほどよい品を漂わせるニットジャケット

しっかりと目の詰まったウールを使った、ニット製のジャケット。着心地はカーディガンそのものだが、ラペルが付いているのでラフ過ぎず、リモートワークから休日まで幅広く対応する。ダークカラーのニットポロを合わせれば、よりシックな雰囲気に。

ジャケット¥44,000、ニットポロ¥22,000、パンツ¥19,800/以上ポール・スミス、眼鏡¥38,500/ポール・スミス アイウェア、時計¥38,500/ポール・スミス ウォッチ(以上ポール・スミス リミテッド TEL 03-3478-5600)


Photographs:Yuji Kawata(Riverta)
Styling:Hiroki Tsuchiya
Hair&Make-up:Ken Yoshimura
Realization:Eisuke Yamashita