昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「太っているのが嫌で仕方ない」摂食障害だった女性が大きいサイズのモデルになるまで

source : 提携メディア

「太っているのが嫌で仕方ない」摂食障害だった女性が大きいサイズのモデルになるまで

新型コロナウイルス禍のストレスで食べられない、あるいは食べても吐いてしまうといった摂食障害になる子供が増えている。10~20代にかけて約10年間、摂食障害に苦しんだモデルの吉野なおさんは「当事者は『○○であるべき』と思い詰め、自分を否定してしまっていることが多い。親や周囲の人が、そんなに完璧じゃなくてもいいんだよと教えてあげるのが大切だ」という――。

食べることを極端に嫌がる子供の心理とは

コロナ禍の休校中に過剰なダイエットを始めたり、食べることを拒否してしまったりする小中学生が増えているというニュースを目にしました。日本摂食障害協会の報告によると、2020年に摂食障害を発症した小中学生は例年と比べて約2倍に増えたそうです。

「子供がダイエットする必要なんてないよ」「しっかりご飯を食べよう」と、大人が伝えることで解決できればいいのですが、なぜそのような状況に陥ってしまうのでしょうか。

私は、プラスサイズモデルという大きいサイズのファッションモデルをしています。

提供=吉野なお プラスサイズモデルとして活躍する吉野なおさん - 提供=吉野なお

でも実は子供の頃から太っていた自分のことが大嫌いでした。小学生の頃にはすでに「痩せたい」という気持ちが芽生え始め、高校生の頃に始めた極端なダイエットをきっかけに摂食障害を経験しました。体重変化の振り幅は30kgもあります。

身も心も疲れ果て、20代半ばに回復するまで何年もずっと「普通に食べること」に嫌悪や難しさを感じて生きていたのです。死んでしまいたいと思うほどつらかった時もあります。

そんな経験を経たからこそ、コロナ禍でもある今、子供たちが過剰なダイエットや摂食障害に陥っていく理由も、なんとなく理解できます。

私にとって摂食障害は「生きづらさをどうにかしようとした表れ」だったからです。

今は、人と一緒に楽しく食事を楽しめることが幸せなことだと思います。

食べることに問題を抱える子供たちについて、経験者である私なりの視点でお話していきます。