昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“またあの人と夫婦に” 石田ゆり子の新ドラマが内定した!

 10月3日に52歳の誕生日を迎えた石田ゆり子。その変わらぬ美貌と自分らしく独身生活を謳歌する姿勢が「奇跡のアラフィフ」、「おひとりさまの星」などと言われ、CMやドラマ、映画のオファーは引きも切らない。

 都知事役で出演した7~9月期の連ドラ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)は最終回の視聴率が同期1位の19.5%を記録した。

ドラマもCMもオファーが途切れない ©文藝春秋

 映画にも毎年のように出演。「マチネの終わりに」(2019年公開)や、「サイレント・トーキョー」(2020年公開)、「いのちの停車場」(今年5月公開)など、話題作への露出が続いている。

 現在、資生堂やキリンなど6社のCMに出演中だが、多くの企業に起用される理由をCM総合研究所の関根心太郎代表はこう分析する。  

「同世代の女性を中心に幅広い層から支持を集めている。チャーミングな表情やコミカルな演技が好評を博す一方で、近年は凛とした働く女性を演じる機会が増え、大人の女性の理想像、憧れの上司といったイメージを持たれることも多い」

 そんな石田が、またもTBS系で、来年1月からのドラマに主演級で出演することが内定したという。関係者が明かす。

30代の頃の石田ゆり子 ©文藝春秋

「今年1~3月期に長瀬智也主演の『俺の家の話』でも評判を集めたTBS金曜10時のドラマ枠です。10月15日からは吉高由里子主演の『最愛』がスタートしますが、その後の来年1~3月期のドラマに石田が出演します。内容は、週刊漫画TIMESで不定期連載中の『妻、小学生になる。』が原作のホームドラマ。昨年秋に公開されたサスペンス映画『望み』と同様に石田ゆり子と堤真一が夫婦役を演じることになる。原作は、10年前に交通事故で亡くなった妻が、小学生に生まれ変わって……というストーリーで、久々の主演級に本人も力が入っているようです」

 1987年にデビューし、34年。近年の再ブレイクのきっかけは、2016年のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)。主演の新垣結衣の伯母役で、49歳独身のキャリアウーマンを演じ「オトナかわいい」と注目を浴びた。石田の人生にはどのような起伏があったのか――。

 10月6日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」および10月7日(木)発売の「週刊文春」では、石田ゆり子の実父や、初主演ドラマのプロデューサーなどの恩人への取材をもとに、彼女の“逆転人生”を描いている。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版で記事を読む

この記事の写真(6枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー