昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

音声入手 「岡山放送社員自殺」社長の説明に社員が涙の抗議

「週刊文春」が8月26日発売号9月22日発売号と2度にわたり報じてきた、フジテレビ系列・岡山放送(OHK)の男性社員の自殺問題を巡り、会社側の対応に社員から疑問の声が上がっていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

 岡山放送は9月29日、自殺の主な原因は長時間労働であり、上司によるパワーハラスメントも確認されたとの社内調査結果を発表。中静敬一郎社長を減俸20%(3カ月)、パワハラをした上司を停職2カ月とするなど複数の幹部社員を懲戒処分とした。

亡くなった柏田さん

「週刊文春」は調査結果発表前の9月27日、岡山放送と子会社の全社員を対象に開かれた、社員・柏田貴一さん(30・仮名)の自殺に関する社員説明会の音声を入手した。

 柏田さんは今年3月からお笑いトリオ「ハナコ」の冠番組「ハナコのBuzzリサーチ」を担当。現場で長時間労働を強いられ、総合演出を務める上司のX氏からパワハラを受けていた。

「『殺すぞ』などと暴言を吐かれ、物を投げつけられたこともあった。亡くなる直前には『お前は今まで関わってきた中で一番ダメなディレクターだ』と罵られ、ひどく落ち込んでいました」(現役社員)

 そして柏田さんは7月6日、自ら命を絶った。

岡山放送の社屋

 その約3カ月後の9月27日、岡山放送の新本社9階で柏田さんの自殺について説明する全社集会が開かれ、登壇した中静社長は「説明が遅れたことをお詫び致します」「ご遺族に誠心誠意、対応いたします」と語った上で、柏田さんの死について涙ながらにこう言った。

「人のやりくりができず、(柏田さんに)手を差し伸べられなかったのです。こんなバカな話もありません! なんとしても実行しなければいけないことの一つは、OHKグループの働き方の抜本改革です」

 社長が会を締めようとした時、一人のベテラン女性社員が「待ってください。発言させてください」と声を上げ、涙ながらにこう訴えた。