昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「コロナで世の中が変わってしまい…」優しい雰囲気の母親が小学3年生の息子を刺した理由

 9月29日夜8時過ぎ、福岡空港から程近い住宅街。10台のパトカーと救急車の赤色灯が周辺を照らし、交差点の封鎖で何台ものバスが立ち往生していた。

「警察が駆けつけたところ、交差点付近のマンション2階で、小学3年生の田尾勇人君(9)が亡くなっていたのです」(捜査関係者)

 第一発見者は、勇人君の兄だった。裸足で玄関を飛び出すと、鉢合わせた上階の住人女性に「弟が刺された」と助けを求め、110番通報を頼んだという。

「玄関には内鍵がかけられており、警察はベランダから突入しました。すると母親が勇人君の脇で倒れ、首のほか、手首の下を骨が見える深さまで自傷していた。ただ、命に別状はなく、その場で母親は『育児に疲れた』と捜査員に犯行を認めています。当時、父親は仕事で不在でした」(同前)

写真はイメージ ©iStock

勇人君は元気で母親も優しい雰囲気。だが…

 一家が鹿児島県から福岡市博多区に引っ越してきたのは、勇人君が小学2年生に上がった昨春のことだった。現場となったマンションは3LDKで家賃8万円ほど。転校生だった勇人君だが、学校には馴染んでいた。

 同級生の保護者が明かす。

「元気な子で、放課後も男女混ざって鬼ごっこをしたり、サッカーや野球をしたりして遊んでいました。学校の集合写真でも笑顔でピースしていた。母親も優しい雰囲気の人で、勇人君を公園で遊ばせている姿をよく目にしました」

 だが、引っ越し直後から始まったのは、終わりの見えない自粛生活。複数の保護者によれば、授業参観などの学校行事は中止が相次ぎ、親同士の繋がりは無くなっていたという。

「父親も仕事で帰りが遅いらしく、子育てや家事の負担が大きかったのかもしれません」(別の保護者)