昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

女性の接客を受けながら酒を…モーグル4選手“自粛破り”→スキー連盟“温情処分” そのワケは?

 SNSに投稿された写真には、女性の接客を受けながら楽しげに酒を飲む男たちの姿が。だが、時期も彼らの立場も悪かった――。

「その場にいたのは全日本スキー連盟に所属する、フリースタイル・モーグルの4選手。来年2月に開催される北京五輪の代表候補でした」(スキー連盟関係者)

 その4選手とは島川拓也(22)、小山貴史(23)、村田優太郎(23)、藤井昌織(26)。島川、小山、村田は今年行われた全日本選手権などメジャー大会で上位にランクインする実力者である。

今年の全日本選手権2位の村田優太郎選手 ©共同通信社

 彼らは9月4日から5日間、宮城県柴田郡で行われた合宿に参加していた。

「合宿入りの前夜、彼らは宿泊所近くの飲食店で日付が変わるまで酒を飲み、カラオケをしていたようです。その様子を一人の選手がSNSにアップ。それを発見した人が連盟に報告したことで“自粛破り”が発覚した」(同前)

 当時は宮城県も緊急事態宣言下で、飲食店の営業は夜8時まで、酒の提供は禁止されていた。スキー連盟は9月27日、「アスリートとしての責任や自覚に欠けた行動」として、4選手の強化指定選手の資格を剥奪する懲戒処分を科した。