昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

《ソフトバンク・工藤公康監督退任》チームが恐れる孫正義オーナーの“一言” “戦犯”小久保裕紀ヘッドコーチの誤算

 ソフトバンクの工藤公康監督(58)が今季限りで退任する意向であることがわかった。昨年までの就任6年間で日本一を5度獲得したものの、今季は主力の不振などで低迷していた。オーナーの孫正義氏がつぶやいた“意味深ツイート”や“最大の戦犯”について報じた「週刊文春」の記事を再公開する。(初出・「週刊文春」2021年10月7日号 年齢・肩書き等は掲載時のまま)

◆◆◆

「あの一言から、チームの雰囲気は明らかにピリピリしています。Bクラス落ちなら工藤公康監督以下、首脳陣はもちろん、主力選手にも容赦ないオフが待っていますから……」

 そう恐れるのはソフトバンクのチーム関係者。“あの一言”とは9月16日、孫正義オーナーが発信した意味深なツイートだ。

〈攻めよ。勝ちたいなら〉

 

 対象は明言していないが、拙攻続きでドローに終わったロッテ戦の試合中だったことから、チームへのゲキであることは明白。普段は“金は出すが口は出さない”オーナーであるだけに、現場には戦慄が走った。

 昨季まで日本シリーズ4連覇、日本人選手の平均年俸は約7000万円で12球団トップである“巨大戦艦”が沈みかかっている。春先こそ勝ち星を重ねたが、交流戦はまさかの11位。現在は優勝戦線から完全に脱落し、楽天とCS圏内の3位を争っている状況だ。

工藤公康監督 ©文藝春秋

 この低迷の原因とは?

「エースの千賀滉大ら故障者の続出や、助っ人のキューバ勢が東京五輪予選のため離脱したことなどが挙げられますが、実は最大の“戦犯”がいるのです」(スポーツ紙デスク)