昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

兵庫県「東条湖おもちゃ王国」迷路の3階で床が抜け、子供ら7人が2階に転落

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 娯楽

遊園地で子供ら6人重軽傷 立体迷路の床抜け転落―兵庫

転落事故のあった立体迷路「カラクリ迷宮のお城」(東条湖おもちゃ王国のホームページより)

 10日午後2時半ごろ、兵庫県加東市の遊園地「東条湖おもちゃ王国」の従業員から「迷路の床が抜け、客が転落した」と県警加東署に通報があった。同署などによると、木造5階建ての立体迷路「カラクリ迷宮のお城」3階の床が抜け、子供ら7人が2階に転落、うち6人が重軽傷を負った。全員病院に搬送されたが意識はあり、命に別条はないという。

 同署によると、女性(27)と男性(24)が腰の骨を折るなどして重傷。女児(7)とその母親(38)、重傷男性の妻(27)が擦り傷などの軽傷を負った。重傷女性の夫(27)も病院で治療を受けている。

 3階の床は幅約1.1メートル、長さ約2.3メートルにわたって穴が開き、7人は約2.4メートル落下した。立体迷路内には当時、30~50人がいたという。県警が業務上過失致傷容疑などで調べている。

 同施設は2000年開業。約20種類のアトラクションや屋外プールなどがあり、年間約50万人が訪れる。カラクリ迷宮のお城は13年に設置されたという。施設側はホームページに謝罪コメントを掲載し、14日まで臨時休園すると発表した。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー