昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《甲府放火“2人死亡”》「深夜に『やめてー』と女性の叫び声が…」“泣きながら出頭の19歳少年”は被害者長女と同じ高校の“顔見知り”だった

genre : ニュース, 社会

 甲府駅から南東6キロにある山梨県甲府市蓬沢町。10月12日の未明、ぶどう畑が点在する閑静な住宅地で惨劇は起きた。

「夜中に『やめて~』という女性の声で目が覚めました。発砲したような大きな音が聞こえ、間も無くして警察や消防が集まってきた。空がオレンジ色に染まり、遠くにいてもバチバチと顔が熱くなるくらい火の勢いが強かった。火の粉が周囲に散っており、周辺は交通規制も敷かれ、やじ馬でごった返していました。何人かの警察官が、炎とは別の方向に走っていって誰かを探しているようでした」(近隣住民)

全焼した井上さん宅 ©文藝春秋 撮影・上田康太郎

 全焼した木造2階建ての住宅からは2人の遺体がみつかった。遺体は、家主の井上盛司さんとその妻とみられ、警察は身元の確認を急いでいる。

 井上さん夫妻には2人の娘がいた。事件当時、姉妹は2階のベランダから脱出し、「泥棒に入られた」と警察に通報したという。

 事件発生から9時間が経過した12日夜、「人を殺してしまった」と泣きながら駐在所に出頭したのは、19歳の少年Aだった。社会部記者が解説する。

10月12日深夜、放火された井上さん宅(近隣住民提供)

「Aは井上さんの自宅に押し入り、次女と鉢合わせた際に、背後から彼女を凶器で殴り、軽症を負わせた疑いで、まずは逮捕されました。井上さん宅の焼け跡からは、灯油のようなものをまかれた痕跡がありました。また、井上さん夫婦と見られる遺体には刃物で刺されたような傷があったようです。

 Aは逮捕時には、小指を骨折し、火傷も負っていたようで現在病院で治療を受けている。今後は、次女に対する傷害容疑だけでなく、放火や殺人の容疑でも捜査されるが、Aが19歳の『少年』ということで県警もマスコミには口が堅く、慎重に捜査を進めるとみられる」