昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「監督の人柄は好きだが、このままでは勝てない」“いい人”すぎる、サッカー日本代表・森保一監督の落とし穴

「勝てない要因はいくつもあるが、一番は森保一監督が“いい人”すぎるからですよ」(スポーツ紙記者)

 サッカーW杯アジア最終予選を戦う日本代表。オマーンとサウジアラビアに敗れ、7大会連続出場に黄信号が灯った。

サウジ戦に敗れ、厳しい顔の森保監督 ©共同通信社

 10月7日のサウジアラビア戦では後半に柴崎岳の不用意なバックパスが奪われ、決勝点を献上。だが、森保監督は「あのパスのズレは疲労と言えるものではないのかな。ピッチに立たせた私の責任」とかばったのだ。

 最近は不安定なプレーが多い柴崎の起用にこだわるのも理由があるという。

「広島をJ1で3度優勝させた実績から前回のロシアW杯にコーチとして呼ばれ、ベスト16入りに貢献。そこで中軸を担った欧州組に絶大な信頼をおくようになり、特に吉田麻也と柴崎をリスペクトしている。2人には真っ先に戦術などの相談をするほどで、どれだけミスをしても柴崎を中盤の主力として重用し続けています」(サッカーライター)

 だが欧州組への気遣いでチームは危機に陥った。

「最終予選初戦で格下オマーンに敗れましたが、守備の要の冨安健洋を出場させなかったのです。理由は名門アーセナルとの移籍交渉のため、本人が現地入りする必要があったから。選手たちは『ここまで本気で選手のキャリアを大事にしてくれる監督はいない』と感激していたが、試合に負けたら元も子もない」(同前)