昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元横綱・白鵬の“裏切り” 異例の誓約書を突きつけられ、引退会見では師匠をベタホメ…

「やっぱり宮城野親方、師匠が私を……、声かけてくれたおかげで今があると思うんで、この場を借りて、師匠に感謝しております」

 10月1日に行われた引退会見。元横綱の白鵬は10回以上も師匠の存在を引き合いに出し、20年余の土俵人生を振り返った。そんな優等生発言の裏には――。

◆ ◆ ◆

2017年九州場所での万歳三唱は物議を醸した

異例となる誓約書の背景と、白鵬の“裏切り”

 前日の9月30日。日本相撲協会に呼び出された白鵬は、屈辱を耐え忍んでいた。年寄株「間垣」の襲名にあたって、理事会の面々から、前例なき誓約書を突き付けられたのだ。

「要は諸先輩親方の言うことを聞き、相撲界のしきたり、ルールをしっかり守れという当たり前の内容。白鵬はそれだけ信用されていなかった」(協会関係者)

 異例となる誓約書の背景にあったのが、白鵬の“裏切り”だった。

 年寄株の取得と襲名に際しては、年寄資格審査委員会で継承者の資質が協議される。切望した「一代年寄」が事実上の廃止となり、白鵬が空き株の間垣を取得したのは、今年5月。

「この時、白鵬のこれまでの粗暴な取り口や不遜な言動が問題視され、審査委で取得に反対意見が出た。白鵬と宮城野親方が反省を示したため、改心を信じて取得が認められた」(同前)

最後の優勝を決めてガッツボーズ

 ところが――。結果的に最後の場所となった7月場所、白鵬はまたしても品格を問われる張り手やエルボーまがいのかちあげを繰り返した。挙句、優勝を決めた千秋楽の土俵では、ガッツポーズで咆哮したのだ。