昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《甲府放火“2人死亡”》「勝手にティファニーを送りつけ、LINEブロックしても執着…」逮捕された19歳少年“長女への執拗なストーカー行為の全貌”

#2

genre : ニュース, 社会

「警察はAが少年法が適用される19歳だったこともあり、徹底した緘口令を敷いています。井上さんの長女やAが通っている高校も、生徒に対して一切の説明を行っていないため、ほとんどの生徒がAが誰かもわからない状況です。様々な事情から高校を休む生徒も多いため、事件があってから登校していない生徒が次々と犯人扱いされるなど、デマが横行しています。特にネット上では、事件とは全く関係ない生徒が犯人扱いされ、写真も拡散される“被害”が拡大してしまっています」(全国紙社会部記者)

全焼した井上さん宅 ©文藝春秋 撮影・上田康太郎

 山梨県甲府市蓬沢(よもぎさわ)の井上盛司さんの自宅が全焼し、焼け跡から井上さん夫婦とおもわれる2名の遺体が見つかった事件。山梨県警は14日、井上さんの次女に怪我を負わせたとして傷害容疑で逮捕した少年A(19)を甲府地検に送検した。Aは井上さんの長女の知人で、同じ高校に通っていた

 少年を乗せた警察車両はカーテンでおおわれ、車を乗り降りする際も足元までパーティションが設置されるなど、警察による“厳戒態勢”がとられていた。

少年Aを乗せた車両 ©文藝春秋 撮影・上田康太郎

 Aは警察の取り調べに対し、「事件を起こしたことを後悔している」と供述しているが、放火され全焼した井上さん宅から見つかった遺体の状況はあまりにも悲惨だった。捜査関係者が明かす。

Aは「長女に好意を寄せていた」などと供述

「Aはもともと一家全員を殺害するつもりで、刃物も複数持参していたとみられます。焼け跡から見つかった2つの遺体には10箇所以上の刺し傷があり、深いものは臓器まで達していた。Aは最初に、当時1階の寝室で寝ていた井上さんを殺害し、続いて、逃げた井上さんの妻に手をかけた。事件発生当時、近隣住民が耳にした女性の『やめて』という叫び声は、この時発した妻の声だと思われます。

Aは灯油やガソリンなどを使って井上さん宅を燃やしたとみられている(写真は近隣住民提供)

 Aは『井上さんの長女に好意を寄せていた』『長女とLINEができなくなった』とも供述してます。警察はAが長女に対して一方的な好意を寄せていたが、思い通りにならなかったことが犯行の背景にあるとみて取り調べを続けています」

 あまりに身勝手な理由から凶行に及んだとみられるAに対して、井上さんの長女の友人は怒りで声をふるわせながら取材班にこう語った。