昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

常に視聴率10%以上の人気ドラマがなぜ…沢口靖子「科捜研の女」22年目の“打ち切り説”を鑑定する

「諦めずにここまできてよかった! 少しでも元気になってもらえたら最高に幸せです」

 9月に初の映画版が公開されたテレビ朝日のドラマ『科捜研の女』。冷静なリケジョのヒロインを演じる沢口靖子(56)も、つい舞台挨拶で涙ぐんだのだが――。

◆ ◆ ◆

22年にわたり、常に視聴率10%以上を記録

『科捜研の女』は京都府警科学捜査研究所の法医研究員・榊マリコが、現場の物証を綿密に鑑定、事件を解決に導く科学ミステリーだ。

沢口靖子(『科捜研の女-劇場版-』公式サイトより)

 1999年に始まり、放送中の連ドラでは最長寿。22年にわたり、テレ朝の木曜8時枠を支えてきた。

「常に10%以上を記録する人気ドラマです。通常は2クールという長丁場で、19年には4クールの通年放送という離れ業も達成しました」(芸能デスク)

 撮影は東映・京都撮影所を中心に、京都で行われる。

ドラマの存亡を揺るがす“大事件”が…

「毎年、沢口さんが最初に車で撮影所入りするときには、プロデューサーら幹部5、6人が並んで出迎えます。控室は撮影所内の俳優会館2階にあり、このフロアは東映に貢献してきたスターだけが部屋を持てるのです」(東映関係者)

「マリコは私の分身」という沢口は、難解な科学用語の多いセリフも全て理解した上で、撮影に臨むという。

 

「完璧主義なんです。台詞は理解できるまで、スタッフに何度も質問している。サインも筆を使って丁寧に仕上げるので、1枚に10分かかるほど(笑)」(同前)

 10月14日からスタートした待望の最新シリーズ。だが実は、存亡を揺るがす大事件が起こっていた。

「木曜8時のドラマ枠が、来年夏の7月からのクールを最後に終了するんです」

 こう証言するのは、とあるテレ朝関係者。『科捜研の女』のほか、内藤剛志主演の『警視庁・捜査一課長』など、安定した人気ドラマがある枠なのになぜ?