昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

このような症状が出てきたときは、薬物乱用頭痛が疑われます。この頭痛は、片頭痛や緊張型頭痛と異なり、治療法・予防法が確立されておりません。詳しい原因も分かっていません。

慢性頭痛の診療ガイドライン作成員会編、日本神経学会・日本頭痛学会監修の『慢性頭痛の診療ガイドライン2013』(医学書院)によると、日本国内では、薬物乱用頭痛の1年間有病率を調べたデータはありません。しかし、諸外国では人口の1~2%がこの頭痛に悩み、女性が全体の約70%占めています。

もう一度、前回前々回でご紹介した図表1を見てみましょう。

有病率を日本の人口に当てはめると、患者さんは120~240万人と推計され、決して見逃すわけにはいきません。図の右側に薬物乱用頭痛を壁のように縦に示した理由は、患者さんの薬物乱用を何とかやめさせたい、薬物乱用頭痛という壁を乗り越えたいという目標、願いを込めたためです。

“薬漬け”から抜け出すしかない

薬物乱用頭痛(Medication Overuse Headache=MOH)の概念についてはおおむね一致しており、細かいところ、例えば、どれくらいの頻度や分量で薬を飲みすぎたら薬物乱用頭痛といえる症状に変わるのか、あるいは薬の服用をやめたらこの症状は治まるのか、などでは意見が分かれています。

明らかに薬が原因だから二次性頭痛であるという人もいますが、ここでは一次性頭痛のカテゴリーに分類しました。なぜならば臨床の現場では、医師も患者も片頭痛、緊張型頭痛のレベルでとらえている人が大変多いためです。

予防薬ではなく、治療薬(痛みの発作の時に使用する薬)を月10~15回以上使用した患者さんに薬物乱用頭痛を起こりやすいという傾向があります。まさしく乱用といえる頻度なのですが、起こさない人もおられ、原因は不明です。

薬物乱用頭痛から抜け出すには、治療薬を4~8週間はやめる必要がありますが、やめるのは大変ですし、やめてもよくならない人がいるので一筋縄ではいきません。さらには再発の危険性もあります。対処法をまとめますと、以下の通りです。