昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, 経済, ライフスタイル, マネー

金川さん宅の場合、月3万円赤字の状況では、貯金するお金も、投資原資となるお金も出せません。ボーナスも毎月の赤字補塡、年に数回の帰省などの費用でなくなっている状況ですから、投資を始めるとさらに赤字に傾き、家計状況がおかしくなってしまいます。つまり、家計の立て直しを優先しなければ、金川さんのお金面の状況は、どうにも改善していけないのです。

「化粧品代」は月1万8000円だったが、これを0円にする

やはり支出の改善を考えることが優先事項になります。

昌弘さんのほうはすでに支出カットを独自に始めていたので、由紀子さんの支出を中心にメスを入れざるを得ません。会社に出勤していた暮らしから家で育児という暮らし方に変わったため、化粧品は必要最低限に抑える(1万8000円→0円)、そしてその化粧品代は家計から出さず、由紀子さんの小遣いを少し増額してやりくりしてもらうことに(小遣い4万円→4万5000円)。かつて計上していた交際費(1万円)、娯楽費(1万3000円)もこの小遣い内に収めました。

今までよりかなり制限されるため、やりくりは厳しいともいますが、小遣いは5000円だけアップし、何とか頑張ってみることにしました。

また、旅行積立は、家計状況がよくなるまで中止(1万円→0円)。他、食費はムダな食材を出さない、買いすぎないなど基本的なことにしっかりと取り組むスタンスに(5万4000円→4万8000円)水道光熱費は、入浴時の湯の使い方の注意と、賃貸住宅ではありましたが電気小売事業者の変更が可能でしたので、その変更をして削減を試みました(2万6000円→2万1000円)。使途不明金もできるだけ減らすようにし、こまごまとした節約も加えながら、合計で5万円ほど支出を削減することが可能になりました。

劇的な家計改善で年間60万円を「貯蓄・投資」に回せるように

もとの赤字が月3万円ですから、月2万円が余剰金となります。合わせて、赤字がなくなり、ボーナスから生活費の補塡をする必要がなくなりました。ボーナスの使い方をこれまでと変えなければ、赤字補塡に使っていた約36万円のボーナスも余剰金とすることができます。月の2万円と合わせると、年間60万円を「貯蓄・投資」に回せる計算となるのです。月にすると、5万円ほどです。

z