昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, 経済, ライフスタイル, マネー

ようやく3000円投資のスタートに立てました。あとは貯金や投資の金額を決め、実践していくだけです。相談した結果、運用はしっかり、積極的に取り組んでいきたいという思いが強いため、投資は月2万円ずつ積み立てていくことにしました。貯金は月3万円です。

始める前に口座も整えました。いつも給料が入金される口座には、支出見直し後の必要生活費32万円の約1.5カ月分である50万円を基準に置くようにしました。生活をすると減りますが、給料が入るとまた元に戻り、突発的な支出があってもその口座の中で支払いが可能な状態です。

それ以上のお金は、引き出さない前提の貯蓄用の口座へ。金川さんご夫婦の場合は、証券口座と連動させると利率が優遇されるネット銀行を開設し、そこに置いています。節約を意識し、1.5カ月分である生活費用口座のお金が増えれば、その都度、貯める用のネット口座に移していくとし、この2つの口座で生活費の1年分、約420万円を貯める目標です。

投資をする2万円は、iDeCoとつみたてNISAを活用し、長期投資をしていきます。iDeCoが1万円、つみたてNISAも1万円という金額でやってみたいということで納得されスタートです。今後はiDeCoの拠出上限額まで、可能ならつみたてNISAも年間最大のところまで拠出していきたいとのことです。

ここまで変化するのに10カ月ほどかかりましたが、その間、口座の数字が増えていくのを見て、当初は「節約が大変、なんで私にしわ寄せがくるの……」と不満顔だった由紀子さんも、ムダな支出を減らすことにどんどん協力的になってきました。

下の子は2歳になり、上の子は来春小学生。下の子が幼稚園にいけるようになったらまずはパートをはじめ、さらに貯金、投資にお金を回せるようにしていきたいと意欲的です。

投資をするには、やはりそのベースとなる家計が非常に大切です。また、投資だけではなく、貯金も必要。今と将来を守るようなお金の使い方、貯め方を考えていくことが必要なのです。

横山 光昭(よこやま・みつあき)
家計再生コンサルタント、株式会社マイエフピー代表
お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、家計の確実な再生をめざし、個別の相談・指導に高い評価を受けている。これまでの相談件数は2万3000件を突破。書籍・雑誌への執筆、講演も多数。著書は60万部を超える『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム)や『年収200万円からの貯金生活宣言』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を代表作とし、著作は143冊、累計330万部となる。オンラインサロン「横山光昭のFPコンサル研究所」を主宰。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z