昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「お詫び文書」入手 リクルート子会社がネットで“カラ広告”

 リクルートの子会社で、中古車情報などを手掛ける「リクルートカーセンサー」(東京都台東区)が今年5月、今年5月、ディーラーから輸入車メーカーを通じて、広告の発注を受けていたにもかかわらず、実際には広告を配信していなかったことが「週刊文春」の取材でわかった。同社が代理店などに送付した「お詫び文書」を入手した。

 リクルートカーセンサーは、中古車の購入や買い替えにまつわる情報を提供する情報誌「カーセンサー」や、WEBサイト「カーセンサーnet」などを展開。利用者数、掲載台数は国内最大級で、「カーセンサーnet」は中古車情報サイトに関するオリコンの調査でも5年連続総合1位を獲得している。

「カーセンサーnet」のトップ画面

 そうした中、オフロード車「ジープ」の日本正規ディーラーの内16法人は、「ジープ」ブランドを展開するステランティスの日本法人「FCAジャパン」を通じ、リクルートカーセンサーにバナー広告を発注した。ネットのバナー広告は、クリックすると広告主のウェブサイトへ誘導される仕組みだ。今年4月からバナー広告の配信がスタートしたのだが、

「5月には、予定していた広告が配信されなかったのです」(ディーラー関係者)

 リクルートカーセンサーが、FCAジャパンやディーラーに送付した「お詫び文書」には、その経緯が詳細に記されていた。

リクルートカーセンサーが送った「お詫び文書」

 文書などによれば、今年6月22日、社内で<未配信事故が発覚>。にもかかわらず、3日後の6月25日にはFCAジャパンに、7月13日には各ディーラーに〈誤ったレポートを提出〉。その後、7月15日にFCAに〈未配信事故をご報告〉し、翌16日に〈改善策・補填策を提出〉している。