昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

秋篠宮さまは「上皇さまのようには熱心に教えていない」 悠仁さまが受けた“特別入学制度”《“学習院ありき”ではない真相》

秋篠宮さま、紀子さまの「教育方針」#1

2021/10/26

source : 文藝春秋 2013年5月

genre : ニュース, 社会, 教育

 秋篠宮家の長女・眞子さまが、小室圭さんと10月26日に結婚されます。「文藝春秋」は秋篠宮家の内実を報じてきました。秋篠宮さまと親交の深い江森敬治氏(毎日新聞編集委員)による「秋篠宮さま、紀子さまの『教育方針』」(「文藝春秋」2013年5月号)を特別に全文公開します。(全2回の1回目/後編に続く)

(※年齢、日付、呼称などは掲載当時のまま)

ブータン王国から帰国された悠仁さま ©JMPA

◆ ◆ ◆

大きな声で「ありがとうございます」

 秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまは3月14日、東京都文京区のお茶の水女子大附属幼稚園を卒園。両親に付き添われて卒業式に出席した。卒業証書を手にした悠仁さまは、報道陣から「おめでとうございます」と、声を掛けられると「ありがとうございます」と、大きな声で答えていた。

 年長組になってからチャボの世話を始め、「最後までしっかりやろう」と、友だちに呼びかけながら、小屋の掃除などに取り組んだ。最近、悠仁さまは幼稚園で、竹馬に乗ったり、たこ揚げをしたり、ドッジボールや砂遊びを友だちと一緒に楽しんでいる。竹馬を根気強く練習し、園庭をあちらこちら竹馬で歩いている。寒さの中でも元気一杯だ。

 昨年秋、悠仁さまは、幼稚園生活最後となる運動会に参加した。お茶の水女子大附属幼稚園は3年保育で、年少、年中、年長組へと進級する。年長組の悠仁さまは、秋篠宮ご夫妻が見守る中、綱引きやお遊戯などに出場した。悠仁さまは、リレー競技にも出場したが駆け足は速かったようだ。

 宮さまは3年間、運動会には必ず出席した。「年少組、つまり一番最初のときと年長組になった今年、その3年間で随分子どもというのは大きくなるというか、成長するものだなという印象を持ちました」と、宮さまは昨年11月の会見で語っている。また、この会見で紀子さまは「年少のときは、運動会はどういうものかわからずに参加しておりましたが、年中になりだいぶ運動会の様子がわかりまして、年長組では年少、年中の競技も楽しみながら、また保護者の参加する競技もありましたけれども、それも楽しみながら幼稚園最後の運動会を過ごしていたと思います」と、振り返った。

悠仁さまと佳子さまは新生活へ期待

新年をお迎えになった秋篠宮ご一家 宮内庁提供

 今年4月、秋篠宮家では、悠仁さまは、お茶の水女子大附属小学校に、二女、佳子さまは学習院女子高等科から、学習院大学文学部にそれぞれ入学。この春、二人は1年生。新生活への期待を膨らませている。