昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

バナナや牛で飢えをしのぎ…30年間も密林に留まり続けた”日本軍情報将校"

source : 提携メディア

genre : ライフ, 歴史, 社会, 国際, 映画

バナナや牛で飢えをしのぎ…30年間も密林に留まり続けた”日本軍情報将校"の戦闘力

旧日本軍の将校だった小野田寛郎さんは、1945年に太平洋戦争が終結してから30年近くの間、日本の敗戦を信じずフィリピンで戦闘を続けていた。日本の捜索隊が100人以上訪れたにもかかわらず、なぜ小野田さんは戦争をやめなかったのか。自身の手記『たった一人の30年戦争』(東京新聞)より一部を紹介する――。

私の戦争を終わらせにきた一人の青年

春、終戦の日がやってくる。

10月8日に公開された、小野田寛郎さんの半生を描いた映画『ONODA 一万夜を越えて』

私の“終戦記念日”は、昭和四十九年、元上官の谷口義美少佐から「任務解除命令」を受け、フィリピン空軍司令官に投降した三月十日である。

この季節になると、私はもう会うこともできなくなった一人の青年を思い出す。鈴木紀夫君(昭和六十一年十二月、ヒマラヤで遭難死)。私の運命を百八十度転換させた男である。

「おいッ」

私は男の背後から声をかけた。

炊事のため火を燃やしていた男は立ち上がってこちらを見た。大きな丸い目、長髪、青黒いズボン(ジーパン)でサンダルをつっかけている。

「ボク、日本人です。ボク、日本人です」と繰り返し、彼はぎこちなく軍隊式の挙手の敬礼を二度した。手が震えていた。

私は腰だめの姿勢で銃を構えていた。安全装置をはずし、右人差し指が引き金にかかっている。顔を男の真正面に向けたまま、眼球だけを左右に走らせた。人の気配がすれば男を射殺する。

「小野田さんですか?」

男はうわずった声で聞いた。

「そうだ、小野田だ」

「あっ、小野田少尉殿デアリマスカ」

急に軍隊調になった。

「長い間、ご苦労さまでした。戦争は終わっています。ボクと一緒に日本に帰っていただけませんか」

私は彼を怒鳴りつけた。

「オレには戦争は終わっていない!」

敵が日本語のできるやつを送り込んできたのか?

私は四日前からジャングルの斜面に立ち、この青年の行動をずっと監視していた。彼は捜索隊が「和歌山ポイント」と呼ぶ川の合流点に、白い蚊帳(かや)のテントを張っていた。野営するからには狙撃兵を連れた討伐隊か、パトロールに違いない。